ハーレーダビッドソンと、虹のコンキスタドール 撮影:市村岬

写真拡大

[PR]バイクの楽しみ方は人それぞれ。日常の移動手段としてだけでなく、ツーリングで旅に出たりサーキットを全力で走ったり。そして自分の好きな一台のバイクを組み上げるカスタムも、そんなバイクの楽しみ方のひとつ。

バイクをカスタムするとなると、相当な上級者向けと思われるかもしれませんが、今回、あえて、バイクのことを全然知らない女の子たちに、バイクの中でも有名な、あのゴッツい「ハーレーダビッドソン」をカスタムしてもらいました!

カスタムに挑戦してもらったのは、クリエイターとして活動しながら愛されるアイドルを目指す「つくドル!プロジェクト」からうまれたユニット・虹のコンキスタドールから、奥村野乃花さん、根本凪さん、重松佑佳さんの3人。

虹コン集合

左から、奥村さん・根本さん・重松さん



イラストSNS「pixiv」がプロデュース、2014年夏に始動したばかりで、オリコンデイリー10位にランクインしたデビューシングル「にじいろフィロソフィー」に続き、4月8日にはセカンドシングル「やるっきゃない!2015/ブランニューハッピーデイズ」を発売予定。この1月には新宿BLAZEでワンマンライブを決行した虹コンですがそのライブ数日後、3人を招き、彼女たちのアイデアをもとに1台のバイクをカスタムしちゃいました!

バイクってどんなのりもの?


今回カスタムするのは、アメリカを代表するバイク・ハーレーダビッドソンから、「スポーツスター883」。ハーレーの中でも軽めの車体でキビキビとした走りが特徴のモデルです。

re150114_nijikon_0123

今回カスタムするハーレーダビッドソン・スポーツスター883



今回参加してくれた3人に聞いたところ、みんなそれぞれ家族や親戚にバイクを乗っている人がいる様子。

とはいえ、本人は免許も持っていないバイク初心者なので、カスタムを考える前に、まずは今回のバイク制作をお願いする川崎市のハーレー専門カスタムショップ・BLACKTOP MOTORCYCLEの店長・植田さんと一緒に、簡単にバイクについて勉強してみます。

re150114_nijikon_0044

整備中のバイクを見学する3人。分解されていて普段見えないような部分のパーツも気になります



バイクを見ながら説明を受けるために、3人はショップの作業場へ。ちょうど修理作業中のバイクを囲みながら気になったパーツなどについて質問。220kgという重量にはビックリ! 倒れたら起こすのにひと苦労で、成人男性でもコツがわかっていないと難しい。

重松「左右で足元のペダルが違うのは、何か意味があるんですか?」

店長「役割が違ってて、右がリヤブレーキで、左がギアチェンジをするためのペダル。ハンドルのレバーも、右がフロントブレーキ、左がギアを変えるときにペダルとあわせて使うクラッチだよ」

3人「全部機能が違うんですね、全然しらなかった…!」

バイクのイメージは?


re150114_nijikon_0003


虹コンの3人に、それぞれバイクに持っているイメージについて聞いてみました。

重松男のロマンみたいなイメージがつよいかな? ヘルメットを取った時に髪がファサってなるところもカッコイイと思います!」

根本「地元が田舎なので、乗ってる人が結構多くって!やっぱり男の人が憧れるイメージ」

奥村「わたしは特撮が好きでよくバイクが登場するので、助けてくれるヒーローが乗ってるっていうイメージです」

この3人のイメージに対して、どれも間違ってはいないと答える店長。

店長「特にハーレーは、バイクの中でも実用性より趣味で乗るバイクかなと思います。性能よりも、雰囲気や独特の音が好きで乗る人が多い。なので乗っている人のイメージも様々で、うちのお店にも性別・年齢に関係なくいろんな人がお客さんとしてやってきますよ」

しかも、ハーレーの魅力の一つには、カスタムの幅広さがある。自分のイメージでいかようにも見た目も性能も変えられるハーレーの奥深さにハマる人も多い。

またがってみた感想は?


今回カスタムするバイクにも、実際にまたがってみた3人。

re150114_nijikon_0202

奥村さん



奥村「後ろに倒れそうな姿勢で乗るので、これで進みだしたら身体だけ置いてかれちゃわないか心配です……しっかりハンドル握っておかないと!」

re150114_nijikon_0227

根本さん



根本「自転車しか乗ったことがなかったので想像以上にすごくおっきいなって。これで実際に走るには度胸いりますよね…!」

重松さん

重松さん



重松「学校で交通安全のキャンペーンがあった時に、白バイに乗ったことがあるんです。その頃に比べれば私も大きくなったけど、やっぱりバイクってデカい!」

どんなカスタムにしていこう?


re150114_nijikon_0088

店に置いてあったバイク雑誌を見ながらイメージ固め。誌面で店長さんがインタビューされているページを発見して「さすが!」と声をあげる一幕も



ひと通りの説明を受けたところで、お店にある本や倉庫に置いてあるパーツも見ながら、今回のカスタムイメージを膨らませることに。

ハーレーは特にカスタムできるパーツも多く、溶接などでオリジナルパーツをつくることもできるということで、夢が広がります。

re150114_nijikon_0089

メーカーとしての歴史も長いハーレー。それだけカスタムの幅も広く、雑誌で紹介されている車体もそれぞれに個性が



「シートもたくさん形があるし、ここに虹コンのロゴとか入れたいね」「ハート型のミラーとかあったら可愛いんじゃない?」「チョッパーカスタムって名前がいいね!」「ハンドルがびょ〜んって伸びてるのじゃなくて前屈みで乗るやつもカッコイイな〜」「タイバニのバイクカッコイイよね」「虹のコンキスタドールとかpixivのロゴも入れてもらおうよ!」「イラストも描いて、ピクシブたん(「pixiv」を擬人化したキャラクター)の痛バイクにしよっか!」など、思い思いにアイデアを出す3人。

re150114_nijikon_0096

倉庫に置かれた沢山のパーツ。形も様々で見ているだけでもイメージが湧いてくる?



全体をパステルカラーに塗っちゃおうという提案も飛び出したのですが、今回改造するハーレー、実は持ち主であるオーナーさんが実際に普段乗って走るのです。

それを聞いた3人は、それなら普段でも乗れてカッコいいものを考えなくちゃ、と少し方向転換。最終的に黒をメインにワンポイントで虹コンのテーマカラーやロゴを入れる案に落ち着きました。

re150114_nijikon_0092

カスタムイメージを考えるためにメモ帳にスケッチ



打ち合わせの中で虹コン3人から出たアイデアをまとめると

・男の人でもカッコよく乗れるようにしたい!
・実用性よりも見た目重視!
・虹コンのロゴやテーマカラーを入れたい!
・太いマフラーがいい!
・ハート型のミラーとかつけたいな!

が、今回特に挑戦したいポイントになりそうです。

さて、バイクを運転したことのないアイドル3人からこのようなアイデアを受けた植田店長。果たしてどのようなカスタムをしてくれるのか!?

【次ページ】3人のアイデアをもとに一体どんなバイクができたのか!?

カスタムバイク完成! 意見を取り入れつつスポーティに



打ち合わせから2週間後、バイクが完成したという連絡を受けお店へ。
虹コンの3人のアイデアを元にカスタムされたバイクがこちら!

150125_harley_052_616

完成したスポーツスター883・カスタム。全体は黒でまとめて引き締まった印象です



現代アメリカのバイククラブチームのスタイルをベースに、虹コンの皆さんのアイデアを取り入れました。全体は黒でシックにまとめつつ、ハイウェイでも気持ちよく走り抜けられるようなスポーティさを大事にしました」と植田さん。

打ち合わせ中、戦隊ヒーローものに出てくるようなバイクも好きだと言っていた虹コンの3人のイメージも踏まえながら、速さを感じるようなテイストに仕上がっています。

それでは今回カスタムした部分をそれぞれ見て行きます。

ハンドル周りはスッキリまとめてスポーティに



完成カスタムバイク

低めのハンドルとカウルで戦隊ヒーローっぽくなったかも?



ハンドルは最初についていたメッキの物から、腕がまっすぐ前に伸びるような黒のバーハンドルに。

re150125_harley_009

ハンドル周りは全体を黒で統一



そしてヘッドライトは昔のバイクで使われていた一回り小さいサイズのものに交換したことに加えて、ライトからスピードメーターにかけて全体を覆うカウルも装着。コンパクトにまとめることでより速さを感じられるような佇まいとなりました。

re150125_harley_010

純正より一回り小さいヘッドライトとカウルを装着。見た目だけでなく高速走行時の防風効果も



ちなみにミラーはハート形もあったのですが揃えるとウン万円ということで、予算の都合上今回は断念……。かわりに、小ぶりな丸型でハンドル周り全体の印象を整えるものになりました。

883ハンドル

pixivカラーの青いグリップ。レトロテイストな丸型ミラーは小ぶりで可愛らしさも感じます。



またグリップには、提案のひとつにあったpixivのイメージカラーである青色に。青が差し色として目を惹きます。

バイクの定番・吸排気カスタムにもこだわり



交換することでバイク自体の性能や音に直接変化を与える、エンジンへの空気吸込口であるエアクリーナーと排気ガスを出すためのマフラー。特にハーレーではエンジン自体が目立つデザインでもあるので、ここを替えるだけで大きく印象が変わります。

今回のカスタムで一番のこだわりがこのマフラー。ショップで、このバイクのためだけにワンオフ(一点もの)でつくっていただきました!!

エキゾーストパイプ

エンジンからきれいなアールを描いて伸びるエキゾースト部分は、複数のパイプを継いでつくったというオリジナル



車体の下側を通って後方に伸びていた純正マフラーとは配置を変え、側面からまっすぐ後ろに伸びるようなデザインでよりスピード感のあるシルエットに。

エンジンから伸びてカーブを描くパイプ部分は、見た目の美しさだけでなく性能も引き出せるように考えられた形状。

エンジンの振動が大きくなりがちなモデルということで、ブレが伝わっても破損しないよう車体への取り付けにも注意が払われています。

店長のマフラー説明

特に力を入れた部分ということで店長の説明にも力が入ります



サンダーヘッダーと呼ばれる重低音の響くマフラーで、虹コン3人からのリクエストに、見た目だけでなく音の面でも応えられるような迫力あるものに仕上がりました。

車体横には虹コンエンブレム!



虹コンステッカー

車体横には虹のコンキスタドールのロゴを大きく配置。



車体横には虹コンのエンブレムをステッカーにして貼り付け。

車体全体の色を替えたりペイントすることに比べると地味にも感じるかもしれませんが、停車中やちょっとした信号待ちで思った以上に目を引くワンポイントです。

完成したバイクの感想は?


re150114_nijikon_0258


そして、ついに完成したカスタムバイクを3人にも見てもらいました!

根本「かっこよく仕上げていただけて、嬉しいです!! 虹コンのロゴが入っていたり、マフラーが太くなってたりと……! クールな仕上がりで、ダンディなバイクだ! とテンションが上がりました!

カスタム次第で自分の好きな形にできるバイクの自由さに惚れました! 大人になったらバイクを好きなようにカスタムして、バイクに乗って旅をしてみたいです!!」

奥村「特撮が好きなので、実際にハーレーにまたがってみたときに特撮ヒーローの気分になり、ヒーローソングを脳内再生してました!

ハンドルをピンクにしてヒラヒラをつけるなど、今回実現できなかった部分は大人になったら自分のバイクで実現させたいと思います(^ω^)!」

重松「虹コンのロゴやpixivカラーの青と、バイクの黒の色合いがツボで嬉しい限りのカスタムです!!

カスタムパーツの種類の幅と、それに伴ったビジュアルの変化にも感心していて、私の希望で太くしていただいたマフラー1つだけでも見た目が変わってビックリでした。

私たちの理想を詰め込んだバイクをありがとうございました! バイク征服完了!

完成バイク・サイド

ハーレー自体のオーナーさんも大変気に入ってくださり、「私のイメージでカスタムしてもらったら違う形になっていたと思いますが、今の状態が最高です」とのこと



バイク初心者の虹コンの皆さんでしたが、自分たちのイメージが形になるカスタムの楽しさに触れ、バイクの出来にも満足いただけた様子。

自由な発想で世界に一台だけのオリジナルマシンにできるバイクカスタム。次はあなたのバイクをカスタムする番なのでは?