©nihon animator mihonichi LLP.

写真拡大

1月23日にドワンゴとカラーによるアニメ企画「日本アニメ(ーター)見本市」で、第10作目となるショートアニメ「ヤマデロイド」が公開されました。

【2015冬アニメ】今期はどれ見る? アニオタが選ぶ注目作10本

劇画調の濃いタッチ、時代劇のような古めかしい世界観、そこにメカ(ロボット)やSFの要素が組み込まれており、まさに「活劇」という言葉が似合う作品。制作はグラフィニカが担当しており、堀内隆さん、江本正弘さんによるダブル監督体制で作られています。

また作中で流れる本作のテーマソング、メインキャラクターの声を担当する声優・山寺宏一さんが熱く歌いあげている坂本冬美の名曲「アジアの海賊」は必聴ですよ!

そして、1月27日には監督やスタッフらが参加するニコ生番組「日本アニメ(ーター)見本市 -同トレス-」が放送されました。今回、現場を取材させていただくことができましたので、ニコ生では見られないアングルからのフォトレポートをお届けします。

■お酒の勢いで裏話ぽろぽろ

番組では、制作を振り返って、どういう意図がこめられているのか、どんな苦労があったのかという裏話が披露されました。

放送の冒頭で、監修として参加した“板野サーカス”で有名なアニメーター・板野一郎さんから、「2Dのいいところを 活かした上での3Dのアクションのいいところ、日本らしさがよく出ている」と絶賛するメッセージが届いていました。

両監督からは、タイトルにもなっているメインキャラクター「ヤマデロイド」が、山寺宏一さんを強くフィーチャーしたデザインであること、今回はビデオコンテを作って完成したシーンを差し込みながら、さまざまな作業をリアルタイムに行えたこと、各シーンを描いたアニメーターの話など、作品の魅力がさらに濃くなるような制作秘話が披露されました。

また番組の恒例となっているリアルタイム・オーディオ・コメンタリーでは、「魔法少女まどか☆マギカ」に作画監督として参加した岩崎安利さんが描いたヤマデロイドがメカに変身するシーンで、「3秒だ!つったのに7秒も素材を……」といったこぼれ話や、公開直後から話題になっていた「サザエさん」のようなダンスシーンは「ドラえもん」劇場版で作画監督を務めた浅野直之さんが描いていたなど、どこを誰が担当しているという普段は世にでないような情報がたっぷりと公開されているので、興味がある人はニコ生のタイムシフトでチェックしておきましょう。

今回の番組で特に印象深いのは、江本さんから「(最近は)ギャグシーンなので劇画調で……みたいな、劇画好きとしては許せない扱いをされているので、本気でやりたいなと」というアニメを仕事とする職人らしいこだわりを聞くことができたこと。クリエイターたちの熱い想いを知ることができるのが、この番組の魅力だと思いますね。

■コンセプトには「ボカロ」という可能性もあった

「ヤマデロイド」というタイトルから、「初音ミク」を代表とする音声合成ソフト「VOCALOID(ボーカロイド)」に関連する作品なのかと予想した人も多かったのではないでしょうか。

実は企画が動き出した当初は、山寺宏一さんの「ボーカロイド」を作るというアイデアがあったことも番組内で語られており、実際に某社に問い合わせて、話を聞くところまではいったそうですが、残念ながら諸事情により断念したそうです。

ボーカロイドの音声ライブラリを作るには膨大な費用と時間が必要となるので、「仕方ないよなぁ……。」と思いつつも、山寺宏一さんのボーカロイド「ヤマデロイド」が、いつか実現する日がくることを楽しみにしていましょう。

■次回作「POWER PLANT No.33」も発表

ニコ生終了後、1月30日に公開される第11作目「POWER PLANT No.33」が発表されました。 監督・原案・脚本を吉浦康裕さん、原案・怪獣&ロボデザインを金子雄司さん、キャラクターデザインを斉藤健吾さんが担当。制作はスタジオ立花とTRIGGERとなるそうです。

超巨大なスケールで繰り広げられるロボと怪獣のバトルが描かれるそうですよ!どんな作品になるのか楽しみですね。