欽ちゃん(萩本欽一)率いる「茨城ゴールデンゴールズ」のアイドル選手として大人気だった片岡安祐美(かたおか・あゆみ)。

2010年、欽ちゃんに代わって監督となったが、日本唯一の女子野球評論家(R)で『マドンナジャパン 光のつかみ方』の著書があるノンフィクションライターの長谷川晶一(はせがわ・しょういち)氏は、当時の状況をこう話す。

「欽ちゃんに『安祐美、おまえが監督をやってくれ』と直々に指名を受けたんですが、そのとき彼女は、『私は自分の夢を捨てなくちゃいけないんですか? 私はもう終わりっていうことですか?』と問いかけたそうです。

というのも、当時、片岡さんは女子野球の日本代表選手でもあったので、監督を引き受けてしまえば、自分の練習が十分にできなくなってしまう。これは本人から聞いたことですが、『(監督就任を)断れるものなら断りたかった』と。でも彼女が断ってしまうと、注目度の問題でスポンサーが離れてしまうなどチーム消滅の危機があった。そのために『受けざるを得なかった』と言ってました」

そんな思いを抱えて就任した彼女だが、監督を引き受けてからは迷いがなかった。

「監督になった2年後に話を聞きにいったんですが、その頃にはもう、片岡さんが監督になってから入ってきた新人選手もいっぱいいました。それも高校や大学で活躍した実力のある選手たちなわけです。

その選手たちを見て『私みたいな人間が監督をやっているとわかって入ってきてくれた以上、ちゃんと育てなくちゃいけない。このチームに入ってよかったって思われなきゃいけないんです』と力強く語っていました」

そんな決意と努力が実って、昨年の全日本クラブ野球選手権で見事に優勝。女性監督としては初の快挙だった。

「片岡さんのあのかわいいルックスにだまされてしまうんですけど、彼女の野球偏差値は、相当高い。高校時代から男子と一緒に野球をしていたので、体力で劣る部分を技術でカバーしてきましたし、タレントとしての活動もしているのでプロ野球選手とも交流があり、戦術や戦略などのレベルの高い情報も入ってくる。さらに人心掌握術にも長(た)けているので、監督としてはかなり優秀だと思います」

最初は男子選手に交じったアイドル選手としてブレイクした片岡安祐美さん。監督就任で、選手としての活躍は減ったように見えたが、昨年の優勝でまた脚光を浴び始めた。今年は日本一の監督として、また注目されるはずだ。

(取材/村上隆保)