映画館「シネマート六本木」が、6月14日をもって閉館することがわかった。

アジア映画専門の映画館として、2006年3月にオープンした同館。今年の8月8日をもって、定期建物賃貸借契約の契約期間が満了になることから閉館が決定したという。同館では、閉館まで来場者への感謝をこめて様々なイベントが開催される予定。詳細は随時オフィシャルサイトで発表される。

なお、映画館の運営会社である株式会社エスピーオーは、「お客さまをはじめ地域・関係者の皆さまにおかれましては、これまで賜りましたご愛顧・ご支援に対し、改めて心から感謝申し上げます」というコメントを映画館オフィシャルサイトに掲載している。