画像はミニ四駆公式Twitterより

写真拡大

1月25日(日)、東京・品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデンで開催された「ミニ四駆グランプリ2015 NEW YEAR 東京大会」。

小学生から大人まで幅広い年齢層の選手が参加するなか、ミニ四駆の塗装や改造のアイデアを競うコンクールデレガンスに出展された将棋の駒をモチーフにしたミニ四駆が話題を呼んだ。

素材は本物の駒同然!


画像はkazmi/(う)@香車推し中さんのTwitterより

画像はkazmi/(う)@香車推し中さんのTwitterより



この「香車」ミニ四駆を制作したkazmiさんは、文字を彫る、漆で埋める、乾燥させる……といった、本物の駒と同じ手法、材料を用いて制作したとのこと。何度も漆塗りと乾燥を繰り返し、駒を作るだけで全工程の8割の時間を費やしたそうだ。

しっかり成った時のために、裏面までつくられているという凝りよう。実際にレース中に成ったらそれはそれでアウトなのだが……。



こちらは大会後に本人が撮影した走行動画。香車の盤上での直線的な動きを表現した結果、最後の最後で曲がりきれずに「将棋盤」を飛び出してしまったようだ。

大会では残念ながら入賞には至らなかったものの、数多くのレーサーを驚愕させたことは間違いないだろう。