中東で約5万年前の頭蓋骨を発見 人類大移動解明の手がかりに

ざっくり言うと

  • 中東で発見された約5万5000年前の頭蓋骨の一部について、論文が発表された
  • 祖先がアフリカの発祥地をいつ離れたか分かる手掛かりになるとされる
  • 現生人類の祖先がネアンデルタール人と共存していたとする説の裏付けにも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング