心がこもってなさすぎ!しらじらしい初対面での褒め言葉9パターン

写真拡大

初対面の女性に対して何を言っていいかわからないとき、とっさに「褒める」というワザを繰り出す人は多いでしょう。しかし気を使ったつもりの言葉でも、使い方ひとつで地雷を踏んでしまう場合もあるようです。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に、「心がこもってなさすぎ!しらじらしい初対面での褒め言葉」をご紹介します。

【1】「あの芸能人に似てるって言われない?」と適当な人にたとえる
「嬉しい気もするけれど、明らかに嘘くさい!」(10代女性)というように、誰もが認めるレベルで酷似している場合を除けば、「○○似」はお世辞にしか受け取られない可能性があります。「誰かに似ている」ではなく、その人自身の素敵なところを褒めてあげましょう。

【2】「年齢よりも若く見えるよね!」と明らかな老け顔に向かって言う
「いやいや、中学であだ名が『愛人』だったほどの熟女顔ですから!」(20代女性)というように、客観的にみても的外れな褒め言葉は、かえって反感を招くことがあるようです。「落ち着いた雰囲気がいいね!」と表現すると無理がないでしょう。

【3】「モテるタイプでしょ!?」とノリが軽薄である
「何をもってモテそうだと判断してるの?」(20代女性)というように、根拠のない評価は軽々しい印象を与えてしまうようです。「まわりの男性が放っておかないでしょ?」という言い方であれば、「誰の目にも素敵な女性だ」と述べているのと同義になりそうです。

【4】「彼氏、いるよね?」と初対面なのに踏み込みすぎる
「そんなことまで初対面の人に教えたくありません!」(20代女性)というように、いきなりプライベートに触れるのはまずいようです。「あわよくば」の気持ちがあるなら、「もし彼氏がいなければ連絡先交換でも…」と切り出すのがスマートかもしれません。

【5】「優しくて真面目そうだよね」と性格を知るはずもないのに決めつける
「何も知らないくせに白々しい」(10代女性)というように、ある程度の話をしないとわかるはずもない内面的なことを語るのも、不信感を抱かれてしまうでしょう。ただし初対面でもしっかり話し込んだあとであれば、真実味のある褒め言葉になりそうです。

【6】「その服、よく似合っているね」と表面的なことでお茶を濁す
「みんなに言ってるんだろうなぁ…って興醒め」(20代女性)というように、相手が身につけているものだけを褒めても、相手には響かないようです。どうせなら、「センスがいいね」などと違う角度から攻めてみるのはいかがでしょうか。

【7】「キレイだね」「カワイイね」と褒め言葉を安売りする
「目を見て言ってないし…」(20代女性)というように、当たり障りがなさそうだと選んだ一言が、むしろ安っぽく受けとられる場合もあるようです。外見への感想ではなく、「立ち居振る舞いがキレイ」「仕草がカワイイ」などと行動面に触れるのであれば、ちゃんと見て出た言葉だと伝わるでしょう。

【8】「いい名前だね!」と無難に逃げる
「わりとありふれた名前なんですが…」(20代女性)というように、自分で選んだものではない「名前」を褒められても、嬉しいと感じる人は少ないかもしれません。せめて「漢字のチョイスが美しいですね」などと自分なりの視点を添えると、嘘くささは軽減しそうです。

【9】「スタイルがいいよね!」といやらしい目で見る
「一体どこ見て言ってるの!?って突っ込みたくなります」(20代女性)というように、容姿のなかでもとりわけプロポーションの話題は、セクハラまがいだと誤解を招くおそれがあります。「何かスポーツをなさってるんですか?」などと健康美を褒める言い方であれば、爽やかに聞こえるかもしれません。

一般に、男性に比べて勘の鋭い女性は多いもの。取ってつけたように褒めるより、逆に自分が言われたら嬉しいと感じる言葉をうまく選ぶと、距離がグンと縮まるかもしれません。(空知マリ)

【調査概要】
期間:2014年10月10日から15日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査