折れた歯もばっちり!公式会見でタイガースマイル(Photo by Scott HalleranGetty Images)

写真拡大

<ウェイスト・マネジメント・フェニックスオープン 事前情報◇27日◇TPCスコッツデール>
 アリゾナ州にあるTPCスコッツデールで1月29日(木)から開催される、米国男子ツアー「ウェイスト・マネジメント・フェニックスオープン」。毎年50万人以上を集めるモンスタートーナメントでタイガー・ウッズ(米国)がいよいよシーズンをスタートさせる。
ウッズ、恋人の試合観戦で前歯が折れるアクシデント
 ウッズが今大会に出場するのは実に14年ぶり4回目。1997年大会には名物ホールの16番パー3でホールインワンを達成し大観衆を熱狂に巻き込んだ。その他にも、ボールのそばにあった大きな岩を“動かせる障害物”としてファンの協力で動かしてもらうなど、今大会での話題には事欠かない。14年ぶりの参戦は同じアリゾナで開催されるNFLの「スーパーボウル」と並んで米スポーツ界でも大きな話題となりそうだ。
 また、ウッズはオフシーズン中に、イタリアで行われた恋人リンゼイ・ボンの試合を観戦した際にテレビクルーの持っていたカメラが口元に当たり歯を折るトラブルに見舞われていたが、この日はトレードマークの白い歯を輝かせた。痛みはあったものの、米国に帰国後に治療を行ったという。
 昨年からタッグを組む新コーチのクリス・コモとの取り組みも順調で、12月以来の実戦への不安もない。期待感を漂わせながら復権へ向けたスタートを切る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>