写真の山を片付けるフォトアプリ「Carousel」の設計思想

写真拡大

Dropboxのフォトアプリ「Carousel」は、いまのスマートフォンで撮ったものだけでなく、これまでに撮ったすべての写真を見返すことができる。開発責任者ジェントリー・アンダーウッドに、その設計思想を訊いた。

「写真の山を片付けるフォトアプリ「Carousel」の設計思想」の写真・リンク付きの記事はこちら

GENTRY UNDERWOOD|ジェントリー・アンダーウッド
アプリデザイナー。「Carousel」の開発責任者。人気メールアプリ「Mailbox」の開発元、Orchestra社の共同創業者。2013年にDropboxが同社を1億ドルで買収し、現在はDropboxのデザイン部門を率いている。

デジタルカメラとスマートフォンの登場によって、わたしたちは思い出を残しておくための物理的なフォトアルバムを失った。それに取って代わったのは、スマートフォンにプリインストールされているフォトアプリだ。

フォトアプリにはたくさんの優れた点がある。シンプルで反応がよく、人生の大事な思い出を数フリックでよみがえらせてくれる。

だが、Dropboxのフォトアプリ『Carousel』の開発を指揮するジェントリー・アンダーウッドによると、こうした写真保存アプリにはひとつ大きな問題があるいう。最後にスマートフォンを買った時から自分の人生が始まったかのように思えることだ。

Carouselが目指したのは、手元にあるいちばん新しいデヴァイスで撮った写真だけでなく、これまでに撮ったすべての写真を見返せるツールの開発だ。2013年、Dropboxに1億ドル前後で買収された人気のeメールアプリ「Mailbox」の開発者であるアンダーウッドは、「コンピューター上に溜め込まれた」写真を1つのアプリに取り込んで楽しめるようにするのが目標だと語る。

関連記事:カメラロールを共有するアプリ『Picsee』の可能性

ある面で、これは非常に大きな技術的試みである。現在のわたしたちはかつてないほど写真を撮り溜めており、単一のモバイル機器には収まらないほどになっている。

このストレージ問題を回避するため、Carouselはスマートフォンで撮影した写真とDropboxに保存した写真をシームレスに統合し、1つの巨大なコレクションにしている。難しいのは、すべての写真がローカルに保存されているかのような操作性を実現することだ。

「一切妥協のないユーザー体験を実現したいと思いました」。そうアンダーウッドは語る。「そのための努力は惜しみませんでした」。

知覚的なトリック

その努力の多くは、適切なキャッシングなどの作業に注がれたが、知覚的なトリックも取り入れられている。例えば、このアプリはそれぞれの写真に対して解像度の異なる複数のサムネイルを保存し、ユーザーが写真のコレクションをスクロールする速さに応じてそれらを表示する。スクロールする速度が上がるほど、気づかないうちに表示されるサムネイルの画質が下がるのだ。

写真は日時や場所をもとにイヴェントとして自動的に分類される。この方法なら、大量の写真が保存されたイヴェントをそれぞれ圧縮できるため、子供の誕生日の写真200枚をいちいちスワイプしてほかの写真を探す必要がなくなる。また、画面横の日付スクロールバーを使えば、写真のコレクションを時系列でさらに素早く振り返ることができる。

すべての笑顔にスコアをつける

さらに、最も見たいと思っているであろう写真を自動的に分析して表示する仕組みもある。人間の顔が写っている写真をすべてスキャンして、検知した顔写真の“質”に応じて、各写真に「スマイルスコア」が付けられる。選んだイヴェント内で最もスコアが高い写真が2倍のサイズのサムネイルで表示され、ベストショットとして扱われるのだ。

この機能によって、Carouselは基本的なフォトヴューワーから、より有意義なものになるとアンダーウッドは言う。「アプリが実際に動いているのを初めて見たとき、思わず言葉を失いました。初めて自分のギャラリーが生きているように感じられたからです。これは小さなアイデアですが、劇的なインパクトをもっています」。

スマイルスコアは、基本的に無感情なソフトウェアに感情的なレイヤーを組み込んだ珍しい機能だ。すべての写真を同じものとして扱うのではなく、Carouselは肯定的な反応を引き起こすような写真を特定しようというのである。「セロトニンやドーパミンが最も多く分泌されるのがどんな写真かといえば、愛する人や友人があなたを見つめているものでしょう」。そうアンダーウッドは言う。これは「ファイルの山」問題の解決に向けた大きな一歩なのだ。

「フォトアプリにはたくさんの可能性がありますが、どれもそう簡単なものではありません」とアンダーウッドは語る。デジタル時代のフォトアルバムの再構築には、シャープなUIに造詣があり、かつクラウドベースのストレージに精通している必要がある。幸いなことに、アンダーウッドとDropboxはまさにその両方を兼ね備えている。

関連記事:Dropboxが打ち出した“新構想”

TAG

AppDesignDropboxNew IdeaPeopleIndexUI