映画ドラえもん35作品を上映 『ドラえもん映画祭2015』

写真拡大

1月31日(土)より、東京・神保町の「神保町シアター」にて、映画ドラえもん35周年を記念し、『ドラえもん映画祭2015』が開催される。

1969年にスタートした「ドラえもん」は、73年に初めてテレビアニメ化され、80年に長編映画版の第1作『ドラえもん のび太の恐竜』を公開。それ以降、ほぼ毎年映画が作成されており、3月17日に公開される35周年記念作『ドラえもん のび太の宇宙英雄記』は、シリーズ通算35作目の作品となる。

映画祭では、第1作の『のび太の恐竜』から現時点での最新作『新・のび太の大魔境〜ペコと5人の探検隊〜』(14年)に加え、81年に「21エモン」と併映された『ぼく、桃太郎のなんなのさ』を合わせた35作品を上映。子供の頃に見た感動の名シーンをスクリーンで堪能できる。

ネット上では映画35周年を記念する特設サイトも公開されており、そちらでは映画版ドラえもんのフィルムヒストリー、入場者全員プレゼントヒストリー、着せかえゲーム、さらに全作品のストーリー、ゲストキャラクター、ひみつ道具、予告編、ポスターなどが紹介されている。

『ドラえもん映画祭2015』は、2015年1月31日(土)〜3月6日(金)まで、神保町シアター(千代田区神田神保町1-23 都営新宿・東京メトロ「神保町駅」徒歩3分)にて開催。入場料金は一般1200円。

※このページの画像はサイトのスクリーンショットです