昨年10月、2年間の任期が満了し、伊東浩司氏(10秒00の100m日本記録保持者)が日本陸上連盟の男子短距離部長を退任。後任には苅部俊二氏が就任した。

 今回、伊東氏が短距離部長としての2年間を振り返り、2016年のリオデジャネイロ五輪へ向けて、選手や連盟に今後なし遂げてもらいたい改革案について語ってくれた。

「もっとも苦労したのは、競技カレンダーへの対応です。たとえば、昨年5月末に世界リレー選手権が新設されたうえに、国際陸連も情報を小出しにするので......。2015年8月の世界陸上(北京)の出場標準記録も去年の11月中旬になってやっと発表されたほどでした。

 その後、7月の日中韓3カ国交流陸上(中国・金華市)や、9月のコンチネンタル杯(マラケシュ)(4年に一度開催される大陸別対抗戦。日本選手はアジア代表としてアジア陸連から指定された種目に出場)があっただけでなく、8月末のデカネーション(フランス陸上競技連盟主催で開催されている国別対抗戦。男女各10種目を行ない合計得点を競う)への参加も決まって、年間スケジュールに合わせた調整ができなかった。

 とくに世界リレーは中米のバハマ開催だったうえ、日本選手権がその2週間後というスケジュールで、両方に出場した選手たちの負担が大きかった」

 昨年の世界リレーは今年の世界陸上の出場枠がかかった大会であり、今年の世界リレーは来年のリオデジャネイロ五輪の出場枠がかかっているため、外すわけにはいかない大会だ。

 そこに出場した選手は「アジア大会代表選考で優位になる」と発表されたが、どこまで選考に影響するのか詳細が明確ではなく、すべての競技者やコーチが「その条件を把握・共有できていなかった」と伊東氏は言う。

 世界リレーに出れば、疲労は残る。当然「選ばれてもメリットがないなら、来年は出場したくない」という思いを持つ選手も出てくる。

「結局、ナショナルチームにステイタス感がないことが問題なのだと思います。我々の若い頃、約20年前は、日本人は国際大会になかなか出られず、当時世界レベルで唯一戦えていた高野進さん(400m日本記録保持者)の存在があったから、私も何とか出場できていた。ですから、『国際大会は貴重な経験の場。どんな大会でもいいから代表に選ばれて走りたい』という思いが強く、ナショナルチームは特別な存在だった。

 今は、ジュニアの選手は『全日本の合宿へ行きたい』という思いがまだ強いと感じますが、シニアの場合、そういう気持ちが希薄といえます。そこはサッカーや水泳などに比べると陸上の弱いところだと思いますし、せっかくの国際大会をただ消化しているだけになっていると思います。

 サッカーなどの他競技のように、シニアとジュニアの関係が密接になり、例えばA代表の監督の下にB代表の監督やコーチが入ったりする形になることも必要でしょうね。

 それに、私が(A代表の)短距離部長を務めた2年間は、ジュニアの情報がほとんどなくて、世界ジュニアの代表がどのような基準で選ばれたのか知らなかったくらいです。それでも、世界リレーを終えてからは、若い選手をドンドン使わなければダメだと思い、山崎一彦強化副委員長と相談をして、デカネーションやコンチネンタル杯には高校生も起用しました」

 シニアだけではなく、ジュニアの国際大会も増えた昨今、選手を派遣したいと思っても、大学生や高校生だと今は出席日数などが厳しくなり、地方大学などは遠征を公欠扱いにしてくれるところがほとんどないという。

 選手に日本代表に決まったと通知すると同時に、事前に教育現場へ働きかけて話を通しておかなければ、代表に選んでも「出られない」と断られることもある。「多様な現状を考えて動かなければ、代表チームの活動が制限されてしまう」と、伊東氏は現場対応で改善すべき点がまだあると指摘する。

 一方で、2年前から山崎副委員長が中心になって始めた、U−21の有望選手を海外に出して強化する方針は成果を上げている。さらに、今後は若手有望選手を「ダイヤモンドアスリート」に認定して、東京五輪出場を目標に国際経験を積ませる試みや、U−19やU−23の選手を海外の合宿や試合に出場させる計画もある。

 伊東氏は「現時点でジュニアが成功しているのは紛れもない事実。その成果を次へつなげるためには、その土台を充実させて、ナショナルチームの強化をしていかなければいけないですね」と、育成と強化を次の段階へ進めていくべきと考えている。

「私から選手たちへの要望としては、マイルリレー(400m×4)の選手にもっと頑張ってもらいたいです。昨年のアジア大会は200mを専門にする飯塚翔太と藤光謙司を起用して優勝しましたが、現状のままだと400mの選手のレベルアップを期待するのではなく、『200mを走れる選手がいればマイルリレーは大丈夫』という考えになってしまいかねない。マイルの場合は400mのタイムも必要ですが、リレーでは200mで通じるスピード感も必要。そうした爆発力を身につけて、800mに特化できる持久力も身につける。どちらも重要です。

 その点では選手たちに、複数の種目をやる意識をもっと持ってほしい。たとえば、アジア大会では海外の選手が複数種目に出ていたので、日本もそうなってくればいいですね。だからこそ、100mから400mまで走れる高瀬慧には『日本の顔になるという自覚を持ってくれ』と言ってきました。これからは山縣亮太や桐生祥秀が、100mだけでなく200mを走ってくれそうですから、あとは400mの選手たちが200mを走ってくれることを期待しています」

 2015年は5月下旬の世界リレーと6月26日〜28日の日本選手権の間に、6月3日〜7日にアジア選手権があり、8月下旬の世界陸上前には、7月3日から14日でユニバーシアード、7月12日には3カ国交流陸上もある。そこでの課題を伊東氏はこう語った。

「陸連が『日本をリレー大国にする』と口にしていても、リレーに選手を派遣しなかった大会もありました。また、バトンパスについては、アンダーハンドパスを採用する大会もあれば、オーバーハンドパスを採用する大会もあり、戦略が統一できていない。年間スケジュールを把握したうえで日本短距離としての方針を明確にし、それぞれの大会をうまく強化に活用してほしいと思います」

 それぞれの強化策を系統立てていき、来年のリオデジャネイロ五輪につなげていく。それが今、伊東氏が日本陸上界に期待していることである。

【プロフィール】
伊東浩司
1970年1月29日兵庫県生まれ。
1998年のアジア大会の男子100m準決勝で、現在も日本新記録の10秒00を出した。
1996年アトランタ五輪、2000年シドニー五輪など、多くの国際舞台で活躍。競技引退後は指導者となり、昨年まで日本陸上連盟の男子短距離部長を務めた。甲南大学准教授

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi