Beltyは、私たちの日々の活動をトラッキングするスマートベルトだ。しかも、ウエストに合わせて自動で伸び縮みして、サイズを調整してくれる。

「ベルトもスマート化:自動で伸び縮みする「Belty」」の写真・リンク付きの記事はこちら

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」には自動でひもを結ぶクツが登場したが、発想と便利さでこれに勝るアイデアがある。その名は「Belty」。ウエストの細かな変化に反応し、自動でゆるんだり締まったりするベルトである。

座るとすぐに、機械化された大きなバックルがベルトをゆるめて、装着した人がよりくつろげるようにしてくれる。立ち上がれば、ベルトを再び締める。もしも食べ過ぎたら、バックルは数mmのウエストの増加に適応して、息がつけるようにしてくれる。

Beltyを開発したのは、仏パリのスタートアップ、Emiotaだ。彼らは今年中に市場に進出し、新しいウェアラブルデヴァイスを提供する準備ができている。

彼らが可能性を見出しているのは、すでに使っている製品に新たな機能を付け加えることだ。新たなデヴァイスを持ち物のなかに加えることは無意味で、ベルトはそれを象徴する一例だと言う。

また、ウエストは体のなかで、“重量を追加”してもそれを感じることのない唯一の部位だ。あまりに重いブレスレットは邪魔だし実用的ではない。大きすぎるネックレスやスマートウォッチも同様だ。しかし、Beltyにセンサーを詰め込んで多少重量を増加させたところで、わたしたちの日々の活動は脅かされない。

Beltyには上に挙げた調整機能に加え第2の機能がある。

バックルの内部にはジャイロスコープや加速度計といった、お決まりのあらゆるセンサーが備わっている。これらのセンサーとスマートフォンとがつながることで、ベルトは日々の身体活動を測定するアクティヴィティ・トラッカーに変身する。専用アプリによって日々の推移を監視でき、例えばイスから立ち上がって運動をするべきときには、ベルトが振動してその旨を通知してくれる。

金属製の大きなバックルは、確かにスタイル的にはそれほど優れているとはいえない。体を動かすたびに出る音は非常に邪魔だ。しかし、現在のところはまだプロトタイプであり、改善の余地はまだたくさんある。

Beltyの未来は、Emiotaのクリエイターたちの手のなかにある。彼らパリジャンたちがこのデヴァイスを美しく静かなものにすることができたなら、Beltyは有効なウェアラブルデヴァイスのひとつとなるはずだ。

1420864054_IMG_9185-1200x710

TAG

CESGadgetStartupWearable DeviceWIRED IT