軽量化を実現

写真拡大

マルキン自転車から、ロードバイク「ファラドCLR」が2015年2月上旬に発売される。

細かくギアを変えられる

14年より展開している「マルキンアクティブ」は、"乗ること"そのものに楽しみや充実感を得られる自転車を提供。その中で、特にスポーツシーンに特化しているのが、ロードバイクシリーズ「ファラド」だ。

「CLR」は、その「ファラド」のフラグシップモデルで、初心者からスポーツバイクに慣れ親しんでいる人まで、幅広く使えるよう開発された。走行の核となるメインコンポーネントには、シマノ社製「Claris」を採用。前2段、後8段と細かくギアを変えられるので、路面状況や個々の好みに合わせた走りがしやすい。

フレームにはアルミ素材、フロントフォーク(前輪を支える軸となるパーツ)にはカーボン素材を使用。軽量化を実現した。

黒を基調としたデザインで、シーンを問わずに使いやすい。希望小売価格は税別8万6000円。