SWのオファー待ち続けるユアン「呼ばれるの待ってるんだ!マジで」。

写真拡大

ユアン・マクレガーが、「スター・ウォーズ」から声がかかるのを待ち続けているようだ。

1999年から2005年に公開された「スター・ウォーズ」シリーズのエピソード1〜3に、若きオビ=ワン・ケノービとして出演していたユアンだが、新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」に呼ばれていない上に、出演の可能性の有無すら分からないとMTVニュースのインタビューで今の心境を吐露している。

「まだ、呼ばれるのを待ってるんだ! マジで…でも正直言うと、何にも来てないんだ。何もね」
「可能性の有無すら分からないんだよ。だってどんなストーリーなのかも知らないからね」
「俺が出演したときだってこの新作について一度もジョージ・ルーカスと話し合いをするなんてことはなかったんだ。だから今回の3部作がどんなストーリーなのかまったく知らないんだよ」

その後、話を薦める中でユアンは、アレック・ギネスが最初の3部作でケノービを演じたことから、自分が作品の再び戻るような事があれば作品の継続性に影響を及ぼす可能性があるとして、自ら自分の出演の可能性がないと納得付けたようだ。

「俺が思うに、俺の最後の作品『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』が終わったあと、俺はアレック・ギネスになったんだよ。そしてアレック・ギネスはダース・ベーダーに倒されてフォースになるのさ」
「そんで、もしそこから彼が戻ってくるとすれば、それはアレック・ギネスじゃないの?なんで突然俺なんだ?」
「俺はここで自分から仕事の可能性を切っちゃってるよね。それってバカなことだよね」