「美女と野獣」にエマ・ワトソン、主役ベル役で出演決定に大喜び。

写真拡大

エマ・ワトソンが、実写版「美女と野獣」で主役のベル役として出演することになった。

自身のFacebookページで1月26日(月)、ビル・コンドン監督がメガホンを取る本作への出演が決定したニュースを発表したエマは、「ついに皆さんに報告できるわ……ディズニー映画の実写版『美女と野獣』でベルを演じることになったの! この映画は私の子供時代の大きな一部だったから、『一人ぼっちの晩餐会』を踊って、『愛の芽生え』を歌うことができるなんて」「私の中の6歳のエマが大喜びしていて、胸がいっぱいよ。歌のレッスンを始めなくては。みんなに見てもらえるのが待ち遠しい」と、その喜びをあらわにした。

同作において、エマの共演者に関してはまだ明らかになっていないものの、マンデヴィル・フィルムズのデイヴィッド・ホバーマンとトッド・リーバーマンがプロデューサー陣に加わるということは発表されている。

実写版「美女と野獣」は年内にも製作をスタートさせる予定だ。