スケートボードをそのまま使用

写真拡大

ビーズ(大阪府東大阪市)は2015年1月、同社オフィス・インテリアブランド「Bauhutte(バウヒュッテ)」より、スケートボードを使った「インテリアスケートボードシリーズ」を展開し、「シングルデッキベンチ BIS-01」、「ダブルデッキベンチ BIS-02」、「ブックスタンド BIS-03」、「ウォールマウント BIS-04」を発売した。

さりげないおしゃれさと遊び心を表すインテリア

「シングルデッキベンチ」「ダブルデッキベンチ」はベンチやコーヒーテーブルとして使用可能なアイテム。「ブックスタンド」は本を両端から挟むことで、あたかもスケートボードが本を貫通しているかのように見せられることが特徴。「ウォールマウント」はネジを使い壁に取り付けることで棚として機能する。

価格は、「シングルデッキベンチ」が1万2200円(税別、以下同)、「ダブルデッキベンチ」が1万8200円、「ブックスタンド」が9200円、「ウォールマウント」が7800円。