台湾沖の海底で新たな化石を発見 アジアで4番目の原人と位置づけ

ざっくり言うと

  • 台湾沖の海底で、45万〜1万年前のものとみられる原人の下あごの化石を発見
  • 北京原人やジャワ原人と並ぶ、「アジアで4番目の原人」とみられている
  • 発見したチームは、このあごを持つ原人を「澎湖人」と名付けた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング