【1月特集 2015年錦織圭の挑戦!(9)】

 錦織圭(ATPランキング5位、大会時)が、2015年オーストラリアンオープン(全豪)4回戦で、第9シードのダビド・フェレール(10位、スペイン)を6−3、6−3、6−3で破り、3年ぶりのベスト8入りを決めた。グランドスラムでは、昨年のUSオープン(全米)から2大会連続の準々決勝進出となった。

 12年の全豪で第24シードだった錦織(当時27位)は、自身初のグランドスラムベスト8進出をメルボルンで果たしているが、今回は上位シードとして堂々の勝ち上がりとなった。
 
 「さすがに前に(ベスト8に)入った時とは、ランキングも実力も違う。当たり前のように感じられているので、成長している証だと思います」(錦織)

 ただ、大会第1週の錦織の状態は、決して完璧ではなかった。

 1回戦でニコラス・アルマグロ(69位、スペイン)にストレート勝ちを収めたものの、第1セットと第2セットでは、先にサービスブレークを許していた。続く2回戦では、イワン・ドディグ(86位、クロアチア)に、ネットプレーを織り交ぜた攻撃的なプレーをされて第1セットを先取された。それでも、そこから第5シードの力を見せつけた錦織が逆転勝ちを収めた。

 3回戦でも、強力なサーブとフォアハンドを武器にしたスティーブ・ジョンソン(38位、アメリカ)に第1セットを取られた。だが、ここでも錦織は逆転で勝利を手にして、4年連続のベスト16入り。グランドスラム第1週目を乗り切った。

「最高とはいえないですけど、しっかり勝ち上がることが一番大事。プレーの内容も大事ですけど、グランドスラムでは勝つことが第一。(内容が)そんなに最高ではないわりに、しっかり勝ってこられているので、いい出来だと思います」(錦織)

 3試合をとおして錦織の試合運びのうまさが光り、精神的に動じる場面はまったく見られなかった。だが、ショットのキレがいまひとつ。ランキング上位として、格下に勝たなければいけないというプレッシャーが錦織のプレーに少なからず影響を及ぼしていたようだ。

 迎えた全豪の第2週、「もっと思い切りのいいプレーが必要になってくる」と語った錦織は、4回戦でツアー屈指のストローカーであり強靭なスタミナを誇るフェレールと対戦。この試合で、錦織は相手のベースライン深くにスピードにのったグランドストロークを打ち込んで、終始試合を支配した。

「ストロークのフィーリングが良かった」という錦織の放ったウィナーは43本。フェレールの足の速さと高いコートカバーリング能力を踏まえると、この数字は驚異的といっていい。これで錦織は自分のリズムをつかみ、最高のプレーを披露して勝利した。

「圭にとって、これまでの僕との対戦で今日の試合がベストマッチになったんじゃないかな。彼は準決勝に行けるチャンスがあると思うよ」(フェレール)

「(フェレールは)リズムをつかみやすい相手。今までの対戦相手はパワープレーヤーで、ラリーの続かない展開が多かったが、今日のようにリズムをつくれる相手だと自分のプレーのレベルが上がる。ストロークが良くなって、攻撃力が上がった。その結果、彼の武器であるしつこさを封じるテニスができた。彼にすんなり勝てたのは初めてなので、自分でもびっくりしている。

 対戦相手がタフになってくる2週目に、3セットで勝てたのは大きいです。ここからは、プレッシャーを感じることなくやれると思う。これから自分自身の体力的な勝負にもなるし、駆け引きもあって大変になってきますけど頑張ります」(錦織)

 自分よりランキングが低い選手には負けられないというプレシャーから解放された錦織。ここからは、グランドスラム初制覇を目指す挑戦者として、本当の実力が試されていく。

 1月28日の準々決勝で、錦織は第4シードでディフェンディングチャンピオンのスタン・ワウリンカ(4位、スイス)と対戦する。14年全米の準々決勝で、4時間越えの5セットマッチを錦織が制したのは記憶に新しい。

「圭は優れたショットメイカーで、ウィナーを放つことができる。彼はいつもボールを早いタイミングで打ってくるので、彼との対戦はいつもたいへんです。彼は対戦相手に時間を与えてくれない。試合は僕次第という部分があると思います。カギはサーブと、ベースラインから攻撃的にできるかどうかですね」(ワウリンカ)

「(ワウリンカは)展開が早いです。前に出て攻めが早いし、しっかり守ることもできて、切り替えがうまい。フォア、バック、どこからでも、ダウンザラインやショートクロスを打ってくる」(錦織)

 今大会の第2週に入って、ギアを上げることができている錦織。それはまさしく、グランドスラムの優勝戦線に絡んでくるトッププレーヤーの戦い方だ。錦織は、トッププレーヤーとしての確かな成長を今大会で示しながら、その存在感がさらに大きくなってきている。

神仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi