写真協力 市村岬

写真拡大

[PR]「理系とは、かくも悲しき生き物か

『ぼく、オタリーマン。』の作者・よしたにさんによる、「理系」の生態をコメディタッチに描き、シリーズ累計発行部数57万部を突破した『理系の人々』。

この『理系の人々』が、現在、ひかりTVでドラマ化されて配信中だ。ひかりTVでは、ハイビジョン映像に加え、国内初の4K映像でのビデオオンデマンドサービスで視聴することができる。

主演は、オタク男を演じさせたら右に出る者のいない伊藤淳史さんと、女性アイドル集団・ハロー!プロジェクトを卒業後、女優として躍進を続ける真野恵里菜さん。

伊藤さんはシステムエンジニアとして勤務する理系男子・よしたにを、真野さんは原作にはないドラマオリジナルである薬学部に通う理系女子・おのでらを演じている。

【無料公開中】理系の人々 #8




人気マンガ『理系の人々』を原作に、アクションも恋愛もない、理系の人々の悲喜こもごもをコメディタッチに描いているこのドラマは、世間一般の「理系」に対するイメージそのままの部分や、文系からすると「え、そうなの?!」と驚いてしまうことなど、登場人物の生活を通して、さまざまな角度から「理系」を描いている。

では、実際の理系の人たちはどんな生態なのだろうか? そして、ドラマ版『理系の人々』に登場する、おのでらたちのような美人理系女子は実在するのか?? ここでは、「理系女子」にスポットをあてて、様々な大学の美人理系女子への取材を通して、「理系あるある」や理系の魅力に迫ってみた!

青学の理系女子・大沼さんの場合


reIMG_9564


実験が大好きなんです。自分の手を動かして、それがちゃんと結果としてデータになる。ある意味ルーティンワークですが、実験の一連の作業も好きだし、自分の創造したもので人々を感動させたいですね」

大沼朝未さんは、青山学院大学の大学院で海洋生物から採取できる生物活性物質を研究する、修士2年生のバリバリ理系女子。当日、研究室まで案内してくれた。

化粧品会社で研究・開発がしたくて理系に進んだという彼女は、すでに大手化粧品メーカーの内定も決まっているそうだ。

数学や物理が嫌いで、自身のことを「なんちゃって理系」と言う大沼さんだが、そんな自分を理系女子っぽいと思う瞬間や、理系ならではのこだわりとは?

reIMG_9473



花火を見ると何の炎色反応か気になる


院生ともなると、研究が忙しいのはもちろんだが、プライベートで遊んでいても理系話に花が咲いてしまうこともあるとか。その良い例の一つが、花火

「花火って、金属が燃える炎色反応なんですよ。みんなで花火大会行っても、赤だからカリウム、緑だと『銅だっけ?』とか、みんなで答え合わせしてます(笑)」

それもまた、理系ならではの楽しみ方なのだそうだ。

六角形にハマる


「女子として、装飾とかよりも、形に反応しちゃうことがありますね。ベンゼン環ってわかります? わたし、ベンゼン環のあの形が好きで!

ベンゼン環とは、誰でも一度は理科の授業などで目にしたことがあるであろう、あの正六角形の構造のことだ。

最近あの六角形にはまってて。ベンゼン環ってすごく“安定”なんです。化学の世界で安定って珍しいから、一目置かれる存在。キレイで無駄がなく、デザイン性も優れています。最近、六角形の鏡が8枚入りで売ってるのを見つけて、2セットも買っちゃっいました(笑)」

六角形をみるとテンションが上がる」とまで熱弁する彼女。六角形のピアスや指輪も購入したそうだ。

reIMG_9484



法政の理系女子・大澤さんの場合


re150109_rikejoosawa_066


理系は、実験を行うような分野以外にも、様々な学問が存在する。

大澤香織さんは、法政大学のデザイン工学でプロダクトデザインを学ぶ3年生。

もともとは文系だったというが、「プロダクトデザイナーになって、世の中が抱えている問題をものづくりで解決したい」と考え、デザインを学ぶために苦手だった数学を勉強したそう。

デザイン系の理系女子はどんなことを考えているのだろう?

化粧してる時間がない


re150109_rikejoosawa_006


デザインや化学といった専攻に関わらず、文系に比べて理系の学生は授業も大変で課題も多いようだ。

「だからなのか、学校では女子はすっぴんが多いですね。授業も朝早くからだから毎日化粧するのも大変なんです。わたしも普段はすっぴんです」

逆にすっぴんじゃない、洋服がおしゃれな時は、「なんかあるなと察する(笑)」そうだ。

3Dプリンターが可愛い?


re150109_rikejoosawa_051


デザインを志す人間にとって、写真加工ソフトやイラスト系ソフトは使えて当たり前という時代になっているが、近年ではさらに、3Dプリンターなどの普及によって、制作の幅が広がっている。

「うちの大学でも、わたしの代で初めて3Dプリンターが導入されました。一気に立体に出力できるようになって、学生にもすごい人気ですね」

そこで、授業の課題として提出するガジェットのパーツを、取材場所としてお借りしたFabCafe Tokyoの3Dプリンターで出力してみることに。

大澤さん曰く、「3Dプリンターはラフト(土台となっている網々の部分)をプリントしてる時が一番かわいい」んだそうだ。

「一つのパーツの出力に6時間とかかかるのに、3Dプリンターの調子次第で失敗してしまうこともあります。だから、見ているとちゃんと動いてるなっていう安心感と、頑張ってくれよという親心を感じちゃいますね」

re150109_rikejoosawa_039



東工大の理系女子 田坂さんの場合


re150108_rikejotasaka_0098


わからないことがわかった瞬間が楽しい。なんでだろうと思った疑問の答えを自分で導くことができるんですよ」

田坂真弓さんは、東京工業大学大学院の修士2年。脳神経学において、魚などから摂取できるDHAという成分が、脳にどういう作用を及ぼしているのかについて、病院と連動しながら研究しているという。

大学の4年間では物足りなかったため院に進んだという彼女が感じる、理系としてクセになっていることや、逆に学外の女子に気になってしまうこととは?

re150108_rikejotasaka_0016



専門用語が出てしまう


やっぱり研究のことが頭を離れないからか、カルピスを「希釈」するとか、ペットボトルのジュースで成分が底に「沈殿」してるとか、女子大生があまり日常会話では使わなさそうな単語も口を突いて出てしまうそうだ。

「実験で何か異物が混じってしまうことを『コンタミする』って言うんですが、つい使っちゃいますね」

ドラマ版『理系の人々』でも、実験中に寝過ごしてしまった真野さんがコンタミしたと嘆く場面があり、筆者はついググってしまったが、実験室では使用頻度の高い言葉のようだ。

着地点のない女子トークが気になる


普段、研究室で男女が議論になっても、女子も理路整然と問題点と対策を説くため、それで対立するようなことも起こらないそう。逆に、学外での女子との会話で、気になってしまうことは?

「よく女の子が着地点のない会話するのは気になりますね。え、結局それって結論どこなの? みたいな」

これは多くの男性が女性に対して感じた経験があるだろうが、理系女子も気になるようだ。

re150108_rikejotasaka_0132



早稲田大学の理系女子 中山さんの場合


re150109_rikejonakayama_088


最後は、早稲田大学の先進理工学部3年として、実験とレポートに明け暮れる毎日を過ごしているという中山美織さん。

4年になって研究室に配属されて初めて専攻が決定するそうで、今はまだ実験全般や座学を中心に学んでいるそうだ。

「将来、化粧品関係の研究や開発をしたくて、理系を選びました。うちの学科は本当に厳しいので、何か明確にやりたいっていう軸がないとたぶん続かないと思います」

多忙な日々をおくる学究の徒による、理系あるあるとは?

re150109_rikejonakayama_072



友達の会話についていけない


周囲がTV番組の話題で盛り上がっていても、TVをほとんど見ないため会話についていけないこともしばしば。

「そんな忙しくて、いつ遊んでるの?」「え、遊ぶ…? 最後に遊んだのいつだっけ?」というやりとりもあったとか。

本人は「今は無駄なことに時間を割けないんです」とバッサリだったが、意外にも彼女の趣味はアニメ鑑賞で、毎日寝る前に1話ずつアニメを見るのが楽しみなのだそう。

二度洗いしなくていいだけで嬉しい


実験には様々な手順が存在し、何度も繰り返し実践することで、自然と体に染み付いていく。その分、日常生活の気軽さが嬉しいこともあるのだとか。

「実験によっては、使った器具を一度洗ってから最後に必ず純水で流すっていう二度洗いをしないといけないんですが、けっこう手間なんですよね。その反動で、家で洗い物してると、むしろ純水で洗わなくて良い分、楽だなって思えるようになりました(笑)」

その逆に、これがあったら日常生活でも便利なのに、と考えてしまう場合もあるという。

「有機物の実験の時は、蒸発温度が低いアセトンという液体で器具を洗うんです。だから、たまーにですけど家でお菓子とかつくってて、何回も同じ器具を洗って使わないといけない時とか、アセトンぶっかければ一瞬なのにーとか無意識に考えちゃってますね」

『理系の人々』で理系の偏見を減らす?



【無料公開中】理系の人々 #9




今回、取材した理系女子からは、ほかにも、「『なんで?』が口グセ」「女子でも1人で行動するのが平気な人が多い」といった、ある意味で理系のイメージ通りのものや、理系女子ならではのあるあるとして「手が荒れるためハンドクリームは手放せない」「化粧品の成分だけは気になってしまう」など、美容に関するあるあるも飛び出した。

『理系の人々』は、もともとは作者のよしたにさんが、理系に対するネガティブな偏見を減らしたいという思いがあったそうで、自分たちを客観視してネタにすることで、理系の人々の魅力を活き活きと描き、親しみを持ってもらおうというもの。

今回、突撃取材させてもらったみなさんは、社交的で聡明だけど強いこだわりを持っている人ばかりで、改めて理系女子の魅力の一端を垣間見ることができた。

彼女たちに負けないキャラが多数登場するドラマ『理系の人々』を見れば、こだわりが強いけどにくめない、愛すべき“理系の人々”の魅力を堪能することができるはず。

ひかりTVでのドラマを入口に、めくるめく理系の世界をのぞいてみれば、理系の人には共感が、文系の人には発見が得られることだろう。

ひかりTVでは、1月26日(月)から2月28日(土)までの限定キャンペーンとして、期間中に「理系の人々」特設ページからひかりTV2ねん割に加入すると、抽選で10名にキーボード、申し込みした方全員に特典として『理系の人々』単行本1巻がもれなくプレゼントされるのでそちらもチェックだ。