永遠に生きる「デジタルクローン」は実現するか

写真拡大

SNSなどを通して、自分の経験や思考を、文章や画像、音声などの形でデジタル空間に簡単に残せるようになった。これらの膨大なライフログはもしかしたら、現実のあなた以上に、あなたという存在を象徴しているものかもしれない。NHKスペシャル「NEXT WORLD」取材班は、各所で進むライフログからデジタルクローンをつくるという驚きの研究を追った。

カハル・グリン|Cathal Gurrin
ダブリンシティ大学のコンピューター学で教鞭を執る。ウェアラブル・デヴァイスを通して自分の生活を記録した膨大なライフログからデジタルクローンをつくる研究をしている。©NHK 2015

「永遠に生きる「デジタルクローン」は実現するか」の写真・リンク付きの記事はこちら
WIRED、取材成果を独占公開!
現在、NHK(総合)にて放送されているNHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」。『WIRED』では、番組の取材班が行った世界中の研究者や企業への広範な取材成果を、15回の連載記事として公開する(記事の一覧ページ)。今回は、番組第4回「人生はどこまで楽しくなるのか」(1月29日〈木〉午前2時より再放送予定〈28日深夜〉)より、ライフログについてレポートする。

わたしたちはソーシャルメディアなどを通して多くの情報をインターネット上にアップロードしている。文書、画像、動画、音声など、これらの情報は「ライフログ」と呼ばれ、デジタル空間上にわたしたちの生活の記録を刻んでいる(広義には、ライフログは生活全般の記録をデータとして残すことを指す。心拍数や体温などの生体情報や位置情報も含む)。さらには、自らのライフログを収集し続ける「ライフロガー」と呼ばれる人々も出現し、話題を呼んだ。日記、家計簿、健康管理など、その目的はさまざまだが、世界中で急速にその数は増えつつあるという。

ダブリンシティ大学のカハラ・グリンもその1人で、記録をとるためのウェアラブル・デヴァイスを常に装着して自分の生体情報および日常生活のすべてを記録し続けている。8年にわたってストックしたライフログは、画像だけでもなんと1,400万枚という膨大な数に上るという、極めつけのライフロガーだ。ただ、グリン氏とほかのライフロガーを分ける重要なポイントがある。それはライフログを収集する目的だ。

グリン氏は、ライフログを基にして、デジタル空間に自身の分身を再現しようとしている。簡単に言えば、「デジタルクローン」をつくり出すこと。彼は、重要だと思えるログをピックアップし、「大切なデータだ」と感じたときに起こる脳の反応をコンピューター上で解析しているという。

「人間の脳は、膨大なデータから、大切だと感じるものだけを選んで、記憶をかたちづくっています。いまわたしは、“何が重要なデータかを判断する”人工知能に挑んでいます。目標は20年後。完成すれば、感情豊かで人間により近い存在になるでしょう」

ライフログを活用して、自身と同じ思考をもつ「デジタルクローン」をつくる研究は各所で進んでいる。そのひとつが、アメリカにあるテラセム運動財団だ。希望者を募って、ライフログの収集・保存管理も行っている。財団の代表、ブルース・ダンカンはこう語る。

「初期の段階ではまず、個人の性格や考え方や習慣についての情報にアクセスしたり再現したりする目的で、ライフログを中心としたパーソナル・データを収集するソフトウエアが開発されるでしょう。これから20年以内に、非常に高度なアルゴリズムが登場して、人工知能が、FacebookやTwitterなどに残すデジタルな形跡を、本人に近いかたちで再現できるようになるとわたしたちは考えています」


TAG

CloneFuture of DeathHologramLifelogNext WorldNHK
150127digitalclone02

テラセム運動財団は、実在する女性、ビーナをもとにした人工知能ロボット「Bina48」をつくった。

Bina48の人工知能には、ビーナの記憶や家族のデータなどが1,000項目以上インプットされており、誰かが質問すると、人工知能はまず、統計的に正解の候補を挙げ、その中から、ビーナの個性と質問した相手との関係を反映した言葉を瞬時に選び出す。

最初にBina48にインプットされたデータは限られているが、会話を重ねることで知識を蓄積し、人工知能が自ら学習していくという。Bina48はウィットの効いたジョークを口にしたり、過去のトラウマを告白したりと、プログラムされたいわゆる“bot”とは違う、生身の人間のような言葉を発する。

睡眠中にデジタルクローンが会議に出席?

デジタルクローンはコンピューターのなかにだけ存在するのではなく、いずれ3Dホログラフィ技術を使い、リアルな人間の姿をもったデジタルクローンが登場するというのが、ダンカン氏の展望だ。

さらに、アルゴリズムによって、わたしたちは同時に複数の場所で存在することも可能になるという。デジタルクローンが、わたしたちが家で寝ている間に会議に出たり、書類に記入したり、仲良くなりたいと考えている人と勝手に交流したりする日がくるかもしれない。デジタルクローンはわたしたちの分身そのものなのだ。

「もしあなたと同じ信念、考え方、癖をもつ8つのデジタルクローンが世界に存在したら、あなたの人生経験がどれだけ豊かになるか想像するだけでもワクワクしますよね。未来の世界では、あなたは自分のデジタルクローンと自宅で一緒に寛ぎながら、今日何があったかを報告し合っているかもしれません」

藤子・F・不二雄の往年の人気漫画、『パーマン』のなかに、「コピーロボット」が登場するが、まさにそれが現実化すると考えればよいのかもしれない。

150127digitalclone04

ブルース・ダンカン|Bruce Duncan
2004年よりテラセム運動財団の代表として活動を開始した。それまでは、非営利活動と教育の分野に従事。アメリカ・ヴァーモント大学でConflict Resolution(紛争解決)の講義を行う。インディペンデント映画の監督も務める。©NHK 2015


TAG

CloneFuture of DeathHologramLifelogNext WorldNHK
150127digitalclone03

「Bina48」と対話した臨床心理士は、「彼女には人格が備わっている」と語る。©NHK 2015

デジタルクローンで永遠の生を

ダンカン氏によれば、デジタルクローンの肉体は、ホログラムに留まらない。デジタルな存在から脱し、実在する肉体をもった存在として活動する可能性もあると話す。

「はるか未来には、あなたのDNAに基づいて新しい生体を復活、創造させることも可能になるでしょう。そしてそれがライフログなどのパーソナル・データと一体化されれば、身体を伴った、完全なクローンになります。これは現時点ではまだSFの世界の話ですし、わたしたちは『生身の体をもったクローン人間をつくろう』と提案しているわけではありません。それは合法でもなければ倫理的でもありませんから。でも、遠い未来には、人々は自分のDNAから身体を再生したいと考えるようになるかもしれない。その身体に情報をダウンロードすれば、生物学的に存在し続けるという不老不死が達成されるのです」

関連記事:知性を「クラウド化」し、死から解放される未来

同財団は、依頼した人物のDNAの貯蔵室を完備している。ライフログと統合して新しい肉体を生み出せるよう、将来科学が発展し、社会が倫理や法律を構築するまでの間、DNAのサンプルはそこで保管されるという。

これがもし本当に実現されれば、いわずもがな「死」に対する定義も変わってくるだろう。生物学的な死の後でも、人々はライフログに基づいたデジタルクローンとして存在できることに加え、肉体さえももつ可能性を示すことになるからだ。

「デジタルクローンが人類の新しいかたちになるということが、ごく自然な進化の次の段階になるのではないかと思っています。もちろん、人々が身体や感覚的な経験を重視し続けることになることは変わらないでしょう。ですから、長期的には、ヴァーチャルなデジタルクローンとしての存在か、あるいは新しく構築された生物学的な『マインドクローン/ボディクローン』としての存在、どちらを選ぶのか、という時代が到来すると予想しています」

ダンカン氏いわく、同財団が管理するライフログは、テクノロジーの進歩によって、個人の人格や意識の再生が可能となり、デジタルクローン、あるいは新しい技術によってDNAから生体をつくることができる時代が訪れるまで、個人情報を保存し続けるタイムカプセルのようなものだそうだ。

わたしたちが普段、何気なくデジタル空間上にアップロードしているさまざまな情報が「永遠の生」の“もと”になる可能性があるのだと思うと、不思議な気分に襲われる。

現在放送中!
NHKスペシャル「NEXT WORLD 私たちの未来」

最先端の研究を続ける世界の科学者、企業などへの取材と、その研究をもとにつくられた近未来ドラマで構成。5回にわたり、ビジネス、医療、エンターテインメントなどの分野で日々出現する新たなテクノロジーをかみ砕き、紹介する。さらに、番組のテーマ音楽を手掛けるサカナクションが最先端の映像技術を駆使したライヴを行い、ライゾマティクスの設計による番組ウェブサイトとも連動して展開する予定(番組公式サイト)。

WIREDでは、取材班が追った内容を独占公開、全15回の連載記事をお届けする(記事の一覧ページ)。

全5回の放送内容
第1回 放送終了
「未来はどこまで予測できるのか」
第2回 放送終了
「寿命はどこまで延びるのか」
第3回 放送終了
「人間のパワーはどこまで高められるのか」
第4回 放送終了
「人生はどこまで楽しくなるのか」
第5回 2015年2月8日(日)
「人間のフロンティアはどこまで広がるのか(仮)」

TAG

CloneFuture of DeathHologramLifelogNext WorldNHK