アジアカップで準々決勝敗退となった日本代表。年代別代表の現状も鑑みれば、アジア内での日本の立場が後退した感は否めない。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 アジアカップの準々決勝敗退で、日本代表は昨年のU-16、U-19、U-21に続き、すべてのカテゴリーでベスト4進出に失敗した。
 
 もちろん今回のアジアカップやU-19アジア選手権、どちらの準々決勝も圧倒的にゲームは支配していたので、アジア内での地位が急落しているわけではない。
 
 しかし半面、アジアで勝ち切れていないことを踏まえれば、少なくとも2000年レバノン大会のトルシエ時代と比べれば後退の感は否めない。また今回のアジアカップが将来を睨んだわけではなく、あくまで今結果を出すためのチームで臨みながら、平均して約4歳年下のUAEに敗れたという事実は決して軽くはない。
 
 歴史を振り返れば、日本は二度の急成長期を築き現在に至っている。最初は1960年に東京五輪を目指し、ドイツからデットマール・クラマー氏を特別コーチとして招聘してからの8年間だ。
 
 将来性重視で若い選手を集め、基本から鍛えて二度の五輪をほぼ同じメンバーで戦い銅メダル獲得に至った。ひと握りの精鋭を集中強化することで、ファミリーのような代表チームが成果を挙げたのだ。
 
 二度目はJリーグ発足のタイミングである。プロリーグができて、様々な環境が劇的に整備され夢の舞台が創設された。こうして底上げが進むとともに、欧州へと羽ばたく選手も増えていった。
 
 例えば、Jリーグ発足前の韓国は見上げる存在だったが、J開幕前年に初の外国人監督ハンス・オフトが日本代表を率いてからは、7勝11分け7敗とまったく互角の戦績に変わった。ただし極東に位置しスポーツへの取り組み方が日本と酷似する韓国には追いつけても、なかなかその先には進めていない。
 
 確かに世界の歴史を俯瞰すれば、日本は急成長を遂げた。しかしJFA(日本サッカー協会)が目標として掲げる「世界のトップ10」が現実味を帯びているかと言えば、むしろ霞みつつあるのが実情だろう。そしてこの差は、もはや現状維持では縮まらない。日本全体の潜在能力を引き出すために、大胆な抜本的改革を図る必要がある。
 
 日本サッカー界は、第一次成長期を経て「代表強化だけでは、後が続かない」(故長沼健・元日本協会会長)ことを学んだ。その結果、長い歳月を経てプロ化が実現したわけだが、では第二次成長期では何が不足しているのか、未だに十分な検証と解決策には至っていない。
 例えば、今回アジアカップに招集された日本代表メンバーの中で、22歳以下の若い選手を送り出しているのは、鹿島(柴崎岳、昌子源、植田直通)とFC東京(武藤嘉紀)だけだ。武藤は実質プロ1年目の大学生だったわけだから、こうして見れば育成に関しては鹿島の一人勝ちである。
 
 一方で武藤は年代別代表歴がないので、単純に大学で3年間を過ごした選手が、直接プロに進んだ同年代をまとめて抜き去ったという見方もできる。これでは18歳以降で、世界に一気に水を開けられるのも無理はない。
 
 5年前のU-17ワールドカップでブラジルと対戦した日本代表選手たちは、必ずしもネイマールを別次元だとは感じていない。ところがその後は、一気に雲の上の存在になってしまった。
 
 結局鹿島を除くJクラブが18歳以降の選手を育てる最適のノウハウや仕組みを確立できていない。これは当然日本協会も頭を痛める難題で、日本サッカーの強化を考えれば致命的な欠陥とも言える。この年代に真剣勝負の場を与え成長を促すのは、協会とJクラブが協力して取り組むべき差し迫ったテーマだ。
 
 しかし実は日本には、それ以上に重要な課題がある。せっかくサッカーを選択してくれた子どもたちが、一律健やかに成長できる仕組みの構築だ。これはサッカーに止まらず、日本全体のスポーツ観に関わるので一朝一夕では解決できない。