「パウダリーファンデーション(オーラドーム)」と「メーキャップベース(オーラドーム)」

写真拡大

資生堂の化粧品専門店専用ブランド「ベネフィーク」は2015年2月21日、ひとぬりでつやと透明感のある「愛されオーラ肌」を実現し、仕上がりを長時間キープするファンデーション「パウダリーファンデーション(オーラドーム)」と化粧下地「メーキャップベース(同)」を発売する。

高温ではヨレが、低温では粉っぽさが目立つ...

14年5月に、ブランドの中核を担うスキンケアに、うるおいバランスと肌温度に着目した独自の美容法「℃(ドシー)美容」を採用してイノベーションを図ったベネフィーク。今回はその「肌温度の変化」による化粧くずれに注目したベースメークを開発した。

メーク中に肌温度が変化すると、汗・皮脂・乾燥などで化粧くずれしやすくなることに着目。実験では、高温下では、粉浮きや脂浮き、ヨレ、ムラなどの化粧くずれが目立ち、一方低温下では、粉浮き、肌荒れ、粉っぽさが目立つ。また、どちらの状態においても、一定の温度の状態に比べると温度変化がある状態のほうが化粧くずれが進行したことが判明したという。

「パウダリーファンデーション」は、汗によるヨレや脂浮きを防ぎ、肌をうるおいで満たして乾燥による粉浮きを防止。ひとぬりで光を放ち、きめ・毛穴をなめらかにカバーしてつるんと明るい肌を実現する。SPF20 PA++。

「メーキャップベース」は、凹凸の目立たないなめらかで均一な肌に。ヨレや脂浮きを防ぎ、つけたての美しい仕上がりが長時間持続する。SPF24 PA+++。

価格はどちらもオープン。