「1カ月半ぐらいですかね、テニスもできない、トレーニングもできない、歩くこともできないという日があって......」

 2015年オーストラリアンオープン(全豪)の女子シングルス1回戦の試合後。会見でこう語り、みるみるうちに目が真っ赤になったクルム伊達公子は、言葉を詰まらせ、両手を合わせて目頭を押さえながら静かに泣いた――。

 クルム伊達(WTAランキング101位、大会時)は、44歳114日の大会最年長選手として、2015年全豪の本戦入りを果たした。1回戦でのクルム伊達は、持ち味であるカウンターショットにキレがなく、終始厳しい表情のままプレー。予選勝ち上がりのアンナ・タチシビリ(141位・アメリカ)に、5−7、4−6で敗れ、昨年同様、初戦突破はならなかった。

「ケガが関係しているかどうかという判断は、自分の中でも難しい。完治しているわけではないので、もしかしたらずっとこのままの状態かもしれないし、治るのかもしれないし、わからない」

 クルム伊達は、14年9月、東レパン・パシフィックテニス1回戦でビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)との試合中に、左足の付け根を負傷。痛みはすぐにひいたが、試合後のMRI検査で、右側大転子の滑液包炎と診断された。9月末には、左尻と右側の大転子にステロイド注射をして治療。予定していた北京と大阪の大会を欠場し、回復に努めた。だが、炎症は思うように治まらなかった。

「もうコートに戻ることは無理かなと思っていた時期もあった」

 こう振り返ったクルム伊達のランキングは、一時116位まで落ちた。その後、完治はしていなかったが、11月のWTAチャレンジャー台北大会で復帰(1回戦負け)。続くITFドバイ大会では準優勝、ITF豊田大会ではベスト4に入ってランキングを89位まで戻し、期限ギリギリで全豪の本戦にすべり込んだ。

「私の中では、とくに全豪の本戦を目的にした試合ではなかった。ただ、自分の中で、その場にある状況と、ただ向き合って、勝負をしていただけ」

 もし、全豪本戦に入れていなかった場合、予選にトライしていたかどうかは、クルム伊達自身にも、実際にその状況に置かれなければわからなかった。

 15年シーズンが開幕してから、クルム伊達はWTAブリスベン大会とシドニー大会に出場し、いずれも予選2回戦で敗れた。その後、メルボルン入りした彼女の気持ちの整理はついていなかった。

「今は、試合がどうこうというよりも、ちょっと先が見えないですね。体がもうついていかない日が、1月に入ってからずっとなので。(その原因が)年齢なのか、ケガなのか、気持ちなのか。ここ数日、コートに立つべきなのかどうか、考えた。テニスがどうこうという以前の問題かなと思います」

 涙を見せた会見翌日、クルム伊達はケーシー・デラクアと組んだダブルスをプレーした。

「ダブルスは、かろうじてまだ楽しめている範囲に、ぎりぎりいられるので、体力的には今までよりもだいぶきついけど、ダブルスも気持ちをもってやりたい」

 1回戦は相手ペアに第1セットを取られ、第2セットも0−5に。しかし、マッチポイントを2回握られながらも、ここから大逆転勝ちを収めた。

「体はしんどいですよ。本当にずっと。今歩くのもしんどい。昨日(シングルス1回戦の日)からは大転子もちょっと張ってきているので、爆弾を抱えている。それが大きな要因として響いているのかわからないですけど、今までに感じたことがないだるさがある」

 結局、クルム伊達はダブルスも2回戦で敗れ、15年全豪の戦いが終わった。メルボルンでは最後まで満足できるテニスをすることはできなかった。

「トップじゃない私は、負ける回数の方が多いわけで、ひきずっていてもダメだし、立ち止まっていてもダメだし、現状を受け止めないこともダメ。タフなスポーツです」

 クルム伊達が、08年に37歳で現役再チャレンジをスタートさせ、09年から7年連続で全豪の本戦でプレーできたことは、あらためて驚異的な事実であることを認識すべきだろう。

 ツアーの中で台頭してくる才能ある若手がいる一方で、ケガによって戦線離脱を余儀なくされる選手もいる。そんな厳しい競争の中で、クルム伊達は最前戦に踏み止まって戦い続けてきた。

「テニスが自分の好きなスポーツであり、選んだスポーツでもあり、好きで戻って来て、やっている。世界中の多くの人が、このグランドスラムのコートに立ちたいと思っている中で、44歳の私が立てているわけだから、もちろんそれは素直に自分を誇りに思わないといけない。

 ただ、コートに立つことだけで満足しているわけではありません。20歳の選手と同じような気持ちで戦っているつもりではいるので、当然現状に満足することはない。甘えることなく、『昨日より今日、今日より明日、良くなるように』という気持ちを、まだかろうじて見失わない自分がいる限り、まだテニスをやっていると思います。それが、いつどこでプチッと(切れる日が)来るか誰にもわからない。私にもわかりません」

 今年4月までに、クルム伊達はランキングポイント250点をディフェンドしていかなければならない。現在、グランドスラム本戦ストレートインギリギリの位置にあり、WTAツアーではほとんどの大会で予選から戦わなければならない。同時に、ツアー下部のITF大会に出場して、ポイントを獲得するために戦う気力を奮い立たせることができるのか。ケガがどれだけ回復するのかにもよるだろうが、彼女は難しい選択をしていかなければならないだろう。彼女にとって今よりも厳しい状況になるが、ランキングをキープできなかった時に、あるいはラケットを置く可能性もあるのだろうか――。

「その日が確実に近づいているんでしょう。当然、前より近づいているからこそ、もう少しやりたいという気持ちがないわけではない。ただただ、自分の本当の心の奥底で感じるものを、自分が本当に受け入れられる日、瞬間、それを自分自身で気づくしかないのかなと思っています」

 今後クルム伊達は、WTA大会のアカプルコ、モントレー、インディアンウェルズ、マイアミでのプレーを予定している。だが、「もしかしたら、出ていないかもしれませんよ」と、いたずらっぽく笑顔を見せながら大会会場を後にした。

 クルム伊達の2度目の引退が、いつになるのか定かではないが、その時が刻々と近づいていることを感じさせるメルボルンでの戦いだった。この先、彼女がどのような決断をしていくにせよ、最後までプレーを見届けたい。

神仁司●取材・文 text by Ko Hitoshi