ベストセラー『がんばらない』著者で諏訪中央病院名誉院長の鎌田實氏は、JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)の代表も務めており、薬を送る支援のほか、直接、医療支援にイラクをたびたび訪れてきた。2014年暮れから正月にかけて約10日間、イラクの難民キャンプを訪れたときに出会った、イスラム過激派組織「イスラム国」によって家族を奪われ、難民キャンプで暮らす人たちのことを綴る。

 * * *
 北イラクのアルビルには、20近くのキャンプが出来ていた。僕が代表を務める、JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、病院や診療所に薬を送る支援を続けてきたが、僕が直接医療支援を行なうために訪れた。

 キャンプを歩いていると、ひとりのおばあちゃんが近づいてきた。キャンプ内の自分の部屋に来てくれ、という。付いて行くと前置きもなしにいきなり話を始めた。

「3歳の娘がイスラム国に連れて行かれてしまった」

 えッ、本当に娘? と怪訝(けげん)に思い、聞き返してみると、確かに自分の娘だ、と繰り返した。

「あなたは何歳ですか」

「43歳です」

 びっくりした。目の前にいる彼女は70歳くらいの老女にしか見えなかったからだ。

「生きる気力を失い、心の病気になってしまった」と彼女が悲しげにつぶやいた。

 シリア国境沿いのドホークの難民キャンプには、炊き出し支援と毛布の差し入れに行った。そこで、10歳くらいの少年に出会い、「キミの部屋を見せてもらえないか」とお願いした。

 部屋に行ってみた。しかし両親はいなかった。

「お父さんやお母さんはどこかに行っているの」

「お父さんとお母さん、それと4人のきょうだいを、イスラム国が連れて行ってしまった」

 少年の家族は、13人いたという。そのうち6人が連れ去られ、今このキャンプでは彼を含めて6人の子どもたちだけで暮らしていると話してくれた。

 少年の兄は、ペシュメルガというクルド人自治区の治安部隊の兵士になり、イスラム国と闘っているという。

 このキャンプには、クルド人の宗教といわれるヤジディ教徒が多く集まっていた。ヤジディ教徒は、多神教に近いといわれている。イスラム原理主義では、イスラム教でなくても、キリスト教やユダヤ教など一神教に関しては、それなりの敬意を払う。

 しかし多神教に対しては殺していいとか、奴隷にしていいとか、極端な考えを持っているケースが多い。

 多神教のヤジディ教徒は、70万〜100万人いたらしいが、そのうち1000人が殺され、2000人が行方不明になっている。キャンプの中でも、そこら中からイスラム国に「殺された」「財産を奪われた」「家族を誘拐された」という悲鳴が聞こえてきた。一説では、誘拐した身代金だけで10億円を集めたという。モスルの銀行を襲い、中にあった数億ドルも懐にしている。

 さらに、住民だけではなく文化財も悲惨な状態にある。シリアの都市遺跡で、世界遺産にもなっているパルミラ遺跡もそのひとつだ。イスラム原理主義は偶像崇拝を嫌うため、遺跡を破壊したり、盗掘して財宝を売ったりもして、4000万ドルの利益を上げたとされていた。

※週刊ポスト2015年2月6日号