ホームユニフォームのカラーが変更


 1月26日、横浜DeNAベイスターズは、横浜市開港記念会館にて「次の、横浜DeNAベイスターズ発表会」を開催した。
 発表会には中畑清監督、三浦大輔選手兼投手コーチ、山口俊選手、梶谷隆幸選手、筒香嘉智選手、石川雄洋選手、さらには2015年新入団選手8名のほか、事前にファンクラブで募集して当選したDeNAベイスターズファン300名も参加した。

 冒頭、池田純球団社長が、2012年から横浜DeNAベイスターズが進めてきた『継承と革新』についての成果をあげつつ、2015年、横浜DeNAベイスターズの第2幕がスタートし、さらなる進化を遂げていくと説明し、球団ビジョンを発表した。

 第2幕のテーマは『ICON』。横浜DeNAベイスターズが、横浜の町や市民にとって、ファンにとって、横浜を象徴するアイコンになるという意図が込められている。

 一つ目の進化は、ホームユニフォームのデザイン変更。特にメインカラーが、これまでの白地と濃紺の組み合わせから「海と港の街」という横浜の象徴的な、鮮やかなブルー(DeNAベイスターズは『横浜ブルー』と命名)に変わる。また、ヘルメットもメタリック仕様に変更となった。

 ちなみに、このヘルメットのレプリカが3月31日から始まる本拠地横浜6連戦にて、ビジター応援席を除く来場者全員にプレゼントされる。

 新ユニフォームのモデル役を務めた三浦は「横浜の町と一体化して、かっこよくなった」とコメント。

 さらにこれまで横浜スタジアムとともに進めてきた『コミュニティパーク』化構想に基づく、改修プロジェクト第一弾として、新設シートおよび新オフィシャルショップ増設も発表された。

 昨年、BOXシートやパーティースカイデッキが好評だったことを受けて、新たに「ベースボールモニターBOXシート」「リビングBOXシート」「プレミアムテラス」「スカイバーカウンター」が増設される。

第2幕へ、主将も交代


 この発表会では、中畑清監督から、新主将に筒香が就任することも発表された。

「これまでの苦難を乗り越え、昨年1年間、野球人として初めて仕事ができた。その成長度に感激した。それを今度はチーム、ファン、自分の人生に恩返しをしてほしい。そして自分の力でチームを引っ張れる選手になってほしい」

 中畑監督が筒香に主将就任を打診した理由を明かした。
 今季より新主将となった筒香は、前主将の石川よりキャプテンマークを引き継いだ。

「これまで石川さんに声をかけてもらったり、シーズン中は助けてもらってばかりだった。石川さんの次に主将を務められるのは光栄。未熟だが、助けてもらいながらがんばりたい」と抱負を述べた。

 2015年、チームはまさに結果を求められている。
 ファン、そして横浜の街や市民とともに――横浜DeNAベイスターズの第2幕が上がる。