セリエAで再び「幻のゴール」が物議 テクノロジー導入を叫ぶ声も

ざっくり言うと

  • 25日のセリエA20節を終えて、「幻のゴール」が議論の的になっている
  • ゴールかと思われたパレルモの選手のシュートがノーゴールとされたもの
  • 試合は引分けに終わり、同クラブの会長が専用の判定機器の導入を訴えた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング