コーヒー豆に新たな鎮痛作用の含有を発見 ストレス軽減への応用に期待

ざっくり言うと

  • コーヒー豆に、鎮痛作用のあるペプチドの含有が確認された
  • 実験によると、その鎮静作用の持続時間がモルヒネより長いとみられている
  • 今回の発見はバイオ技術面や、家畜のストレス軽減に応用される可能性がある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング