減塩食はおいしそうか

写真拡大 (全7枚)

 ミツカングループは、お酢の酸味や、だしのうまみ、柑橘を上手に使うことで、今より少ない塩分でもおいしい食事を作ることを「ほど塩」と名付け、塩分を減らした“ほどよいお塩”での「ほど塩」レシピを提案。ミツカンホームページ内に「ほど塩」特設サイトを開設した。

 同社が行った減塩意識調査によると、多くの人が健康を考え、食事の塩分を減らしたいと感じていることがわかった。一方で、塩分を減らした料理は、“おいしくなさそう”、“作るのが難しそうなので、家庭ではなかなか実施できていない”という結果が出ている。

 「ほど塩」レシピは、料理レシピサイト「クックパッド」のレシピ投稿者「レシピエール」たちとコラボ開発している。また、肉で主菜、魚介で主菜・副菜・主食・スープに分類した100個の「ほど塩」レシピ本も発売された。同書では各レシピのほか、医学博士・管理栄養士の本多京子氏にによる減塩の基本、おいしく「ほど塩」するための10のコツなど、塩分をおいしく減らすための情報も掲載している。