人気アイドルが大集結 「世界の終わりのいずこねこ」舞台裏潜入レポート

写真拡大

3月7日(土)から全国公開される、2014年に活動休止したソロアイドル・いずこねこさん主演映画「世界の終わりのいずこねこ」。

原案・音楽は、いずこねこさんのプロデューサーだったサクライケンタさんが担当。監督・脚本は神聖かまってちゃんのライブ映像などを手がけてきた気鋭の映像作家・竹内道宏さんが、共同脚本は漫画家の西島大介さんが、それぞれ手掛けている。

izuko_FIX



2月19日(木)から始まる「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015」では、「フォアキャスト部門」で招待上映されることも決定している。

今回、新たに予告編も公開された本作の、2014年8月に収録された撮影現場に2日間密着! 貴重な撮影現場の様子を画像でレポートしつつ、出演しているたくさんのアイドルやスタッフからの独占コメントも最後に一挙公開!

『世界の終わりのいずこねこ』予告編




真夏に行われた撮影の舞台裏


re20140822_DSC_5776_raw01_m_r



密着1日目は、いずこねこ・茉里さん演じるイツ子の家という設定のとある民家での撮影。その日、蒸し暑さの中で、茉里さん、サブカルアイドル・緑川百々子さん、声優・女優の宍戸留美さんらが、懸命に演技をしていた。

re20140823_DSC_7064_raw01_m



2日目は、某学校の教室を貸しきっての撮影。講談社ミスiD2014グランプリ・蒼波純さん、ニューウェーブ・アイドル・グループのゆるめるモ!、女子高生アイドルラップユニット・ライムベリー、DJギズモとしても活動する篠崎こころさんら、数多くのアイドルたちが集合し、教室のシーンに臨んでいた。

re20140823_DSC_7183_raw01_m



控え室ではわきあいあいと談笑したり、写メを撮り合う微笑ましい姿が見られた。

収録の舞台裏 フォトレポート


re20140823_DSC_6960_raw01_m



re20140823_DSC_6904_raw01_m



re20140823_DSC_6846_raw01_m



re20140823_DSC_6753_raw01_m



re20140823_DSC_6700_raw01_m



re20140823_DSC_6405_raw02_m



re20140823_DSC_6400_raw02_m



re20140823_DSC_6216_raw01_m



re20140823_DSC_6188_raw01_m



re20140823_DSC_6138_raw01_m



re20140823_DSC_7431_raw01_m



re20140823_DSC_7304_raw01_m



re20140823_DSC_7295_raw01_m



re20140823_DSC_7223_raw01_m



re20140823_DSC_7183_raw01_m



re20140823_DSC_7170_raw01_m



re20140823_DSC_7131_raw01_m



re20140823_DSC_7128_raw01_m



re20140823_DSC_7102_raw01_m



re20140823_DSC_7507_raw01_m



re20140823_DSC_7944_raw01_m



re20140823_DSC_7789_raw02_m



re20140823_DSC_7728_raw01_m



20140823_DSC_7704_raw01_m



re20140823_DSC_7684_raw01_m



re20140823_DSC_7657_raw01_m



re20140823_DSC_7615_raw01_m



re20140823_DSC_7556_raw01_m



re20140822_DSC_5637_raw01_m



出演陣のコメントを一挙掲載


「世界の終わりのいずこねこ」は私にとってもとても大切な作品になりました。終わりと始まりは誰もが経験し感じているものです。アイドルとして活動して始まり卒業し次の道へ旅立つ3年間の物語をいずこねことイツ子の2人で1人という内容で描いてくれました。

演技をするのは小学生ぶりでとっても緊張していたんですが、撮影現場にいるスタッフのみなさんとっても優しくて面白くて、最終日に近づくにつれ別れが寂しくなるぐらい大好きになりました。映画を通じていずこねこという存在は自分にとってとても大切で宝物だということを改めて思いました。
アイドルだけではなく、誰にでも必ず訪れる終わりと始まりを感じてもらえたら良いなと思います。

いずこねこ・茉里



SFマンガのようなすてきな映画に参加させていただきありがとうございました。撮影で一番楽しかったのは、廃墟でのロケでした。ゲームに出てきそうな所でした。

みんなに見てほしいのは、茉里ちゃんのツイキャスです。うーにゃんにゃんとか可愛くてこっそり真似をしました。

蒼波純



SFの世界観と長回しで撮影した配信シーンを是非見てもらいたいです! たけうちんぐ監督の撮影した茉里ちゃんのライブシーンも見所です。
緑川百々子



楽しかった。またやりたいです! 撮影の時にずっと寝てるポーズだったから、眠くて本当に寝ちゃいました(笑)。
あの(ゆるめるモ!)



他の出演者さんが特殊メイクをして化けてたのが面白かったです!
ようなぴ(ゆるめるモ!)



いい体験をさせていただいて、これからの活動に活かせればいいなと思います! しふぉん(ゆるめるモ!)


今回、私にとって映画出演というのは初めてだったのですごく緊張してたのですが、いざ撮影が始まるとすごく楽しくて本当にみんながクラスメイトのようでした!

それぞれが特殊メイクをしたり、同じ制服をきてたり…と普段見れない姿もたくさん見れると思います!! MC MIRI(ライムベリー)


大好きないずこねこさんの作品ということで、当日はとても緊張しました…! しかし、いずこねこさんの優しさで撮影現場はすごくあったかい雰囲気でリラックスできました!

皆さんの記憶にずっと残るであろう素敵な映画に、ライムベリーも参加できて嬉しかったです!
MC HIME(ライムベリー)



いずこねこさん主演の映画に今回出演させていただいて!

撮影現場はもちろん! 本当に明るく笑顔で溢れるところだったので、とってもリラックスと言いますか! 楽しんで出来たのではないかな?っと思います? みんなで同じ制服着たりして新鮮でした! ライムベリーは映画では噂話をしているので、よーーく見てみて下さい?
DJ HIKARU(ライムベリー)



映画の見所は、設定などは非現実的で映像も相まって夢の中にいるような感覚に陥る映画だけれど、ふと現実に引き戻されるリアルさがある映画です!いずこねこちゃんが通う学校の生徒一人一人の仰天な個性にも注目です。

初の映画撮影で、セリフもある役をいただいてとっても緊張したのですが、学校での撮影ではアイドルさんも多くいて、楽しく撮影することができまし
た! 私自身は自分のほんの少し出るシーンだけでも精一杯だったので、主演のまりちゃんや純ちゃんは本当にすごいなあ…って思ってしまいました。
篠崎こころ



ツノが生えてます。ツノが生えただけで強くなった気がしました。
コショージメグミ



撮影は、久しぶりに制服をきれたし、他のアイドルさんと一緒だったので本当に高校に戻ったみたいでした! 一瞬しか映りませんが、頭が重そうな私に注目してください!
宗本花音里



1人の女の子の物語がはじまり、終わる。そして、また始まっていく。いずこのいる世界は一見、非現実的なようで、とてもリアルに描かれた私たちの世界です。「よっしゃにゃんこー!」と叫び立ち向かう、アイドル、そして1人の女の子、いずこねこの姿をぜひ多くの人に見届けて欲しいです。
木村仁美



初めて、映画に出演させて頂いて自分にとってすごく良い経験が出来ました。最初は不安などもありました。でも、いずこねこさんが優しく声をかけて下さったおかげで、現場にも早く慣れることができました。

そして、いずこねこさんのラストライブにも参加できて、この映画を通し自分自身を成長させることができたと思います。

なのでこれからのアイドル活動にもどんどん生かしていけたらいいです。本当にありがとうございました
classic fairy



初の映画撮影で緊張しましたが優しい出演者さんやスタッフさんのお陰で楽しく撮影することができました。

「世界の終わりのいずこねこ」という作品に関わることができて本当に幸せです!
月詠まみ



脚本は担当したものの、キャスティングの詳細は知らされておらず、撮影現場で初めて高校が女子高で生徒全員がアイドルであることを知り、驚きました。ミイケ先生の演技以外は自信を持ってオススメできる映画です!
西島大介(共同脚本・コミカライズ・出演)



基本的には私も撮影に同行させいおただいたのですが、廃工事のシーン撮影の際はロケ地が素晴らしく、一人で写真を撮りまくったり、ノートPCでその景色の中で作曲を行っておりました。その楽曲は劇中にも使われているので、映画音楽にも注目して頂けると嬉しいです。
サクライケンタ(原案・音楽)



地球の滅亡を描く映画は数多くあります。その中でみんなが逃げ惑っています。この映画はそうなりません。学校のクラスメイトは“で?”と問いかけます。“あーまじすかー”とも言います。果てして、全ての人が死を恐れているのでしょうか?

以前、とある新聞の片隅で50代独身のサラリーマンの方が投稿した記事を覚えています。

“こんなくだらない何もない生活が続くなら、いっそのこと地球に隕石でも衝突してしまえばいいのに”

この世界には、地球の滅亡を待ち望んでいる人も少なからずいると思います。そしてやがて死を迎えることに実感のない人もいるでしょう。“夢”や“希望”や“未来”の陰にあるものを拾いたかったのです。いずこねこの歌にはそれがありました。

アイドル、地球、人。全部、いつか必ず終わる。でも、今は確実に輝いてる。
この映画で、そんな光と影を伝えられたらと思います。

竹内道宏(監督・脚本)



これ以外の大量の画像(全185枚!)はIDOL NEWSINGにて公開されているので、是非チェックしてほしい。