シルバーアクセサリーのようなマルチツール「Leatherman Tread」

写真拡大

マルチツールで有名な「レザーマン」から、ブレスレットのように腕に装着できるマルチツールが発売される。腕時計付きの製品もあるほか、米国では航空機内への持ち込みも可能だという。

「シルバーアクセサリーのようなマルチツール「Leatherman Tread」」の写真・リンク付きの記事はこちら

各種工具が格納されたマルチツール「レザーマン」で知られるLeatherman Tool Group社が、2015年夏に「Leatherman Tread」と呼ばれる「ウェラブルツール」を発売する。これは腕に巻き付けられる本格的なマルチツールであり、業界初の興味深い試みだ。

このブレスレットは、それぞれのパーツが2〜3種類の便利な機能を持っているため、全部で25種類の機能を利用できる。

Leatherman Treadは自由にカスタマイズ可能で、穴の空いた接続部品を使ってパーツの構成を変更できる。たとえば、パーツの並べ替え、付け足し、取り外しができるほか、腕の太さに合わせてサイズを4分の1にまで小さくすることも可能だ。

また、留め具の部分を、栓抜きや四角ドライヴァーとして利用できる。それ以外のツールは、六角ドライヴァー、プラスドライヴァー、ボックスレンチ、カーバイド製ガラスブレーカー、それにSIMカードの取り出しにも使えるフックカッターなどだ。

Tread3_zps68a3a863-660x217

読者の中には、このパーツを使ってポータブルDACの六角ナットを回したら、パーツがポキッと折れてしまうと思っている人もいるだろう。だが、そんなことはない。アドヴェンチャードラマ『冒険野郎マクガイバー』に出てきそうなこのブレスレットは、金属粉末射出成形法でつくられた17-4PHステンレスでできている。そのため、サイズは小さいかもしれないが、力を加えたからといって折れたり曲がったりすることはない。

また、オプションとして、スイス製のクオーツ式腕時計も用意されている(2015年秋に発売予定)。ただしこのツール、筆者には、ニューヨークのブッシュウィック地区あたりにいる、無骨なブレスレットをした少しワルそうな感じの人たちの姿が思い浮かぶ。つまり、「Chrome Hearts」のブレスレットのようなイメージだ。

さらに、Leatherman Treadには強力なセールスポイントがある。それは、米運輸保安局により航空機内への持ち込みが認められていることだ。このブレスレットはもともと、レザーマンのツールをすべて備え、しかも空港の保安検査を通過して持ち運べる製品をつくりたいというアイデアがきっかけだった。

Leatherman Treadは4月か5月に発売される予定で、ステンレス製が150ドル、ダイヤモンドライクカーボン製が200ドルだ。また、腕時計タイプのものは、ステンレス製が500ドル、ダイヤモンドライクカーボン製が600ドルとなっている。

leatherman-inline2-660x447