全豪オープンで第5シードとして戦いを繰り広げている日本の錦織圭。昨年引退した元全仏・全豪女王の李娜の存在によってテニスは中国でも人気スポーツの1つとなっているが、彼の活躍に対して中国のネットユーザーたちはどのような印象を持っているのか。(イメージ写真提供:(C) Leonard Zhukovsky/123RF.COM提供。2014年9月撮影。)

写真拡大

 テニスの全豪オープン・男子シングルスで第5シードとして戦いを繰り広げている日本の錦織圭。昨年引退した元全仏・全豪女王の李娜の存在によってテニスは中国でも人気スポーツの1つとなっているが、彼の活躍に対して中国のネットユーザーたちはどのような印象を持っているのか。

 24日に行われた3回戦のスティーブ・ジョンソン戦で錦織が勝利すると、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)上でも多くのユーザーがこの話題にかんするツイートを掲載したり、ツイートに対するコメントを寄せたりした。

 中国メディア・虎撲体育のテニス専用のウェイボーアカウントが伝えた試合結果のツイートには「すごい、美しい」、「いい気分じゃないけど、仕方ない。中国では少なくとも10年はこんな男子選手は出てこない」といった声が寄せられた。「アヒルが……あはは」という感想を残すユーザーも。錦織はスポンサーである日清食品のキャラクターである「ひよこちゃん」が描かれた袋を会場に持ち込んでいるが、どうやらアヒルと勘違いしているようだ。

 また、ツイートでは錦織の英語が非常に流暢であることを挙げ、感嘆する者が少なからず見られた。ただ、賞賛する一方で「ちょっと”you know”が多すぎるね」という指摘も複数飛び出した。このほか、「勝ったあとのはにかんだ表情が超可愛い」、「李娜が引退してしまった今、日本のテニスファンが非常にうらやましい」といった感想も寄せられた。

 かねてから本人の代名詞とされてきた「エア・ケイ」に加え、世界屈指と呼ばれる強烈なバックハンド、そして見違えるほどに強くなったサーブ。彼のプレースタイルや人柄に、今後中国を含む世界のさらに多くの人が魅了されることだろう。毎週のように世界各地を転戦しなければならない過酷なプロツアーの合間に行われるグランドスラム。ケガだけにはくれぐれも気を付けて、栄冠を勝ち取ってほしい。(編集担当:近間由保)(イメージ写真提供:(C) Leonard Zhukovsky/123RF.COM提供。2014年9月撮影。)