新しい食の潮流、「減量主義」を知ってますか

写真拡大

イギリスから新しい食生活のスタイルがやって来た。肉と魚を食べる量を最小限に減らすことで、健康と地球環境保護を同時に目指す。

一見すると、さほど“世紀の天才的な発明”とは思えないアイデアだ。イギリス発祥の「減量主義」(Reducetarianism)とは、どういったものなのだろうか。

「新しい食の潮流、「減量主義」を知ってますか」の写真・リンク付きの記事はこちら

ウェブサイト「Reducetarian.com」では、次のような公式見解が謳われている。「これは、アイデンティティであり、コミュニティであり、運動だ」──。

減量主義は、赤身肉、鶏肉、魚、他のあらゆる動物の肉の摂取をより少なくしたいと思っている人々によって構成されている。誰もが食生活から肉を完全に消し去ることができるわけではないことを思えば、彼らのコンセプトは興味深い。

かいつまんで言えば、一種の軽度な菜食主義だと言えるのだろう。実践するのは菜食主義より容易なもので、例えばときにはステーキを食べてもよい。ただしそれは、質の良いものであること。これが「減量主義」の父、ブライアン・ケイトマンの哲学だ。

最初の1カ月間は、1日ごとに少しずつ消費を制限しながら、次第に肉類を減らしていくことが推奨されている(伝統的な地中海式食生活に非常に近いものだと思えばいいかもしれない)。その後は動物性タンパク質の習慣的な摂取は避けるものとされる。

彼ら減量主義者は、個人の健康改善を目的とすると同時に、食肉生産に由来する温暖化ガス排出の削減を通した環境保護も目指している。SNSで「#lessmeat」というハッシュタグを掲げ、道を切り開こうとしている彼らは先日、Indiegogoでクラウドファンディングのキャンペーンを立ち上げた。「減量主義」の教育プラットフォームを実現するためだ。キャンペーンは1月14日に締め切られ、15,000ドル以上を集めている。

TAG

DietEnvironmentFoodWIRED IT