24日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)で、嵐のメンバーが、デビュー当時のKAT-TUNが恐かったと語った。

番組にはKAT-TUNの亀梨和也がゲスト出演し、得意だという料理の腕前を披露した。調理中にデビュー当時のKAT-TUNの話となり、亀梨が「恐いとか言われてたじゃないですか」と切りだすと、二宮和也が「恐かったもん」と即答する。亀梨は少し照れた表情を見せたが再び「お前たち、恐かったよ」と言う二宮の言葉に嵐のメンバーは強く同意していた。

櫻井翔はデビューしたばかりのKAT-TUNが楽屋に訪れた時の様子を「シュっとした皆がさ、『おはようございます』って。カッケーなって(思った)」と証言した。すると松本潤も「革靴で踊ることにビックリした」と語り、相葉雅紀も「あんな尖ってる革靴初めてみたよ」とジャスチャー混じりで当時の様子を回想した。

亀梨の話によると、当時はステージに私物を着て出ることも多かったらしい。櫻井から「今思うと、あの頃尖ってたなって感じはあったの?」と質問があると、亀梨は「基本的に信用できる人が少なかったというか、『大人って…』みたいな」と当時の心境を説明した。さらに「『俺が俺のことを一番知っているぜ!』ってみたいなやつら(だった)」と照れくさそうに語った。

【関連記事】
髪を切ったことに気づいてもらえずにスネるタモリをKAT-TUNが慌ててフォロー
亀梨和也、国分太一に「最近付き合った人」を追及され苦笑い「言えない、言えない」
赤西仁が人生初の「本気のパンチラを拝みました」とツイート