1万円未満のオールインワンプレイヤーArchive LP

写真拡大

 CDの3〜7倍の情報量で音質がよいハイレゾは、対応プレイヤーが続々登場し音源配信も歌謡曲など多ジャンルに広がる注目の市場だ。その一方で、アナログレコードの人気が復活し、昨年8月にはHMVが渋谷に専門店をオープンした。アナログディスク生産数量をみると2009年に底を打ち、以後は増加。2012年にビートルズのアナログ盤BOX発売されたため翌年は減ったが、2014年は前年比166%を記録した(日本レコード協会調べ)。

 なぜアナログレコードの人気が高まっているのか。初心者向けにレコードの聴き方、探し方やライフスタイルを紹介している『アナログレコードはじめてBOOK』を昨年11月に出版した株式会社ステレオサウンドの西澤文孝さんは、アナログレコード人気は「アーティスト側の音やジャケットへのこだわりと、こだわって聞きたい人の興味の両方が盛り上がってきたからでしょう」という。

「今ではiPhoneなどの普及で常に音楽を聴くのが当たり前の生活になりました。でも、身近になりすぎて音楽が消費物になってしまった側面もあると言われています。趣味的志向がある人にとって、消費するだけの音楽は物足りない。音に興味がある人は、違いが分かるのでいろんな音を聞きたい。針を落とすたびに違う音になり、コンディションを整えることで変化し新しい音に出会えるアナログレコードは、こだわる人にぴったりなんです。

 また、国内外のアーティストやアイドルもピクチャー仕様や凝った仕様のアナログ盤を出していますが、今はオーディオシステムを持っていない人が多いのでコレクターズアイテムになっている場合が多かった。ところが昨年ごろから、スピーカー、USB端子がついてPCやスマートフォンにダウンロードできるオールインワンで1万円前後のレコードプレイヤーが販売され始めました。それが、レコードを聴く大きなきっかけになっていますね」

 昨年は、様々なアナログレコード発売が話題になった。アイドルのももいろクローバーZやでんぱ組.inc、きゃりーぱみゅぱみゅ、大森靖子、星野源、サザンオールスターズ、そして大ヒット映画『アナと雪の女王』からもホログラム印刷が美しい3枚組サントラが発売された。ジャケットだけでなく、盤面にイラストや写真が施されたピクチャーレコードも多く、プレイヤーがなくてもファンであれば手元に置きたい気持ちになるものばかりだ。

 せっかくレコードを入手したら、飾るだけでなくいつかは聴きたいもの。そんな彼らのニーズに応えた気軽なアナログレコードプレイヤーの代表ともいえる「ArchiveLP」は、Amazonのレコードプレイヤー部門でベストセラー1位を記録し続けている人気商品だ。オープン価格だが、実勢で9980円と手が出しやすい。

 販売する株式会社ニュマークジャパンコーポレーションによると「プレイヤーを処分してしまって若い頃に買ったレコードが聴けなくなっていた人たちから、最近、アナログレコードを買い始めた人まで、購入される方の年齢層はとても幅広いですね。若い人には、プレイヤーからスマートフォンへ直接、接続できるのも魅力的なようです」(同社担当者)

 消費の高まりに伴って、アナログレコードの生産も増えている。日本で唯一のアナログレコード制作工場の東洋化成では、今年はやくも昨年一年間の件数を大きく上回る受注が集まっているという。

「レコードを聴くというのは、データやCDと違って早送りできません。一度、針を落としたら、A面を聴き終えるまで時間がかかります。でも、その面倒なところがいいんです。今は音楽を聴くだけなら、音源の入手も何もかも手軽に済ませられますよね。でも、レコードを聴くということは、その時間の流れ方も含めて魅力です。

 ネットやスマホが普及したおかげで、音楽を手に入れるのに家から一歩も出ないでも、人と直接、会わなくても可能になりました。色々と便利になっていますが、登山装備で行かないとならない音楽フェスや、ライブなど体験することの人気は変わらずあります。アナログレコードの人気も、スマホで音楽を聴くのとは違う時間の流れ方、体験への関心が高まっているからではないでしょうか」(前出・西澤さん)

 デジタルカメラが普及した今でも、写真をフィルムで撮ることにこだわる人がいる。デジタルに比べて「丸みがある」といい、一枚に対して「込められるものが違う」と語る人がいる。アナログレコードも、針を落とすごとに音が変わり二度とまったく同じ音は再現されず、デジタルにはない音の丸みがあると言われる。いまもっとも贅沢なのは、きれいに整えられていない、不便であることなのかもしれない。