攻撃時は一列下りて、3バックの中央でパス回しに参加した長谷部。守備面でも味方を助けたが……。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 アジアカップ準々決勝のUAE戦。1-1で迎えたPK戦に敗れ、日本代表はオーストラリアの地を去ることになった。

【ゲームPHOTOギャラリー】
 
 第一の敗因は、星の数ほど作ったチャンスを決め切れなかったこと。そして第二の敗因には、“油断”を指摘したい。
 
 大会前、筆者は吉田麻也にこんな質問を投げかけた。
 
「普段、(エデン・)アザールのような選手に対する守備に比べると、アジアカップでは、もう少しチャレンジのタックルに行けるとか、守備の気持ちの面で変わるところはありますか?」
 
 すると、彼はこう答えた。
 
「まあ、そういう気持ちになりがちですよね。だからこそ、そこは自分を律して、常に高いものを求めてやっていかなきゃいけない。その油断を、特に中東のチームは突いてくると思うので」
 
 この言葉は強く印象に残っている。吉田が表現する“高いもの”とは、なんだろうか? 
 
 おそらくそれは、世界で通用するサッカー、という意味だろう。アジアだから多少のポジショニングのズレも問題にならない、あるいは集中力の欠如もごまかせる、そういうことではない。世界の舞台でも、同じように戦えるクオリティ。それが目指すべき「高いもの」だ。
 
 この視点で考えた時、長谷部誠をアンカーとする中盤の三角形には、グループリーグの時点から不安要素があったと言わざるを得ない。
 
 攻撃については、満足できるものだった。長谷部が一列下りて、3バックに変形することで相手のプレスをかわし、それでもかわし切れなければ、遠藤保仁が、さらには香川真司が相手のFWとMFの間に顔を出して、縦パスを引き出す。
 
 森重真人や吉田が持ち上がって、縦パスを入れる場面では、香川や遠藤が相手ボランチのマークを引き付け、空いたスペースに本田圭佑や乾貴士が中へ絞って入り、縦パスを受ける。こうしたコンビネーションは試合を重ねるたびに、美しさを増した。
 ところが、守備はそうではない。
 
 4試合を通じて気になったのは、ディフェンス時におけるアンカーの長谷部と、その周囲の連動だ。アンカーとは、錨(いかり)の意。船体を水上の一定範囲に固定するために、海底に沈めて使う道具のことだ。このポジションに入る長谷部は、中盤の底に錨を下ろし、チームの攻守を安定させる役割を担う。
 
 だが、初戦のパレスチナ戦で目立ったのは、その長谷部がサイドへ出て行く場面だった。右SBの酒井高徳とマッチアップした7番のアシュラフ・アルファワグラは、個の能力が高いため、長谷部がフォローに行き、2対1を作るシーンが多かった。問題は生じなかったが、注意したいのは、アンカーが“外れた”状態であることだ。もしも、パレスチナにそこから中央のスペースへ展開する力があれば、危機は訪れる。
 
 イラク戦では、もう少し大きな問題になった。長谷部がマッチアップする17番のアラー・アブドゥルザフラを、サイド寄りへ追撃して中央を離れ、アンカーが外れる。しかもパレスチナ戦とは違い、そこで潰し切れず、突破される場面が目立った。
 
 ここで求められるべきは、長谷部が出て行かず、マークを受け渡すこと。あるいは、中盤の三角形がカバーの機能を果たすことだ。アンカーが出て行くのなら、ボールとは反対側のインサイドハーフが斜めに下がり、長谷部が空けたスペースを埋めなければならない。ちょうど、三角形がグルグルと回転するような格好だ。
 
 しかし、結局のところ、この三角形で上手く対応することはできず、遠藤→今野泰幸の交代でシステムを4-2-3-1に変更して、凌いでいる。昨年11月のオーストラリア戦と似た要領だ。
 
 そして、残念ながら敗れてしまった準々決勝のUAE戦。ここでは問題がさらに大きくなり、失点につながった。
 
 キーポイントになったのは、右サイドハーフに入った10番オマール・アブドゥラフマン。ポジション的には長友佑都と対面するが、右サイドに留まらず、中央へ入ったり、あるいは自陣へ引いたりと、広範囲に動き、日本のマークを混乱させた。
 
 長友はどこまで彼を追いかけるべきか、明らかに迷い、受け渡しにも苦労した。そして開始早々の7分、パスを回された日本は、サイドへ流れた5番アメル・アブドゥラフマンをフリーにしてしまい、裏のスペースへ飛び出した7番アリ・マブフートに、ボレーで決められてしまう。
 
 失点の直接的な原因は、最終ラインにある。森重が「(吉田)麻也との距離が開いてしまった」と語るように、7番マブフートに飛び出しやすいスペースを与えてしまったことは否めない。その結果、吉田のカバーが遅れてシュートを許した。
 
 だが、その開いてしまう距離感を埋めることも、アンカーの役目だ。ボールの出どころに対する守備の人数は足りていたので、長谷部がアンカーの位置に留まっていれば、最終ラインのカバーに入り、密度を高めることもできた。実際、長谷部はそれを上手く実践するプレーも多かったのだが、この場面については、中盤の三角形がそのままスポッと抜けてしまったかのように、前線と最後尾が間延びした。
 
 アンカーが外れる時は、そこで潰し切らなければならない。あるいは、反対側のインサイドハーフがカバーに戻らなければならない。守備の機能性においては、香川、遠藤、長谷部の三角形には、まだまだ問題がある。
 
 守備の向上が難しいのは、攻撃のように相手を圧倒できないことだろう。相手が弱ければ、それ以上の守備パフォーマンスは出ない。というより、そこまで徹底しなくても守れてしまうからだ。
 
 思い返せば、ザックジャパンが2013年のコンフェデレーションズカップで惨敗を喫した時も、選手たちは「それまで“なあなあ”になっていた守備戦術を、もう一度突き詰めて実践しなければ」と語り、取り組んだ。
 
 今回の状況も、それに似ている。アンカーが外れる状況は、本来は細心の注意を払ってプレーするべきなのだが、3戦とも、なんとかなってしまった。グループリーグの3連勝が、知らず知らずのうちに、アギーレジャパンに“なあなあ”を植え付けていた可能性は否定できない。
 
 もちろん、言うまでもなく、UAE戦は日本が圧倒的に押し込んだゲームだ。そのクオリティは称賛されて然るべきであるし、必要以上にネガティブにならなくてもいい。10回やれば9回勝てた試合であると、自信を持って言える。
 
 だが、目指す高みは、2018年のロシア・ワールドカップでの躍進だ。UAEに勝つことではない。仮に相手のミスでボール奪取に成功したとしても、結果オーライではなく、「おい、今のポジショニングはダメだ」と、お互いにお互いを律するチームでなければ、今後の向上は望めない。
 
 運が悪かったのは確か。しかし、運が悪かったと、片付けてもいけない。なぜなら、このチームは世界を目指しているのだから。

取材・文:清水英斗