日本とのPK戦を制して準決勝へ…UAE指揮官「自信につながる」

写真拡大

 UAE代表を率いるマフディ・アリ監督が、23日に行われた日本代表とのアジアカップ準々決勝を振り返った。AFC(アジアサッカー連盟)の公式HPが伝えている。

 UAEは1−1のまま迎えたPK戦を5−4で制して準決勝に進出。アリ監督は「勝つために必ずしも良いサッカーをする必要はないと選手には話していた。時には魂でプレーすることも求められる。我々は勝利を手にするため、必死に戦った」と語り、チームを称えていた。

 また、同監督は「前回王者の日本を倒したのは素晴らしいこと。次の試合に向け、選手たちの自信やモチベーションにつながる」とコメント。準決勝のオーストラリア代表戦に向けては「難しい戦いになる。試合までに選手たちをしっかり回復させたい」と述べていた。