23日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)で、歌詞が表示されない異例の演奏となった凛として時雨が、Twitterで事情を説明した。

番組では、凛として時雨が、アニメ映画「劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス」の主題歌である「Who What Who What」を演奏したが、曲の歌詞が画面にまったく表示されなかった。

歌詞が画面に一切表示されない演奏は、番組側の手違いではと憶測を呼びかねない状況だった。しかし、「Mステ」放送終了後の24日、0時30分に、凛として時雨がTwitterで、「Mステ」での演奏について事情を説明する。

凛として時雨は、出演時の演奏について「昨今の状況を鑑み、メンバーと番組サイドで協議し、歌詞を一部変更して演奏致しました」としている。これは、20日より続いているイスラム国の邦人人質事件を考慮した対応だろうか。今回の歌詞の変更に伴い、表示も取り止めたと推測できる。



番組では、Twitterで説明しているように、歌詞の一部「血だらけの自由が」を「幻の自由が」に、「諸刃のナイフに彩られた」を「諸刃のfakeに彩られた」に変更していたようだ。

【関連記事】
元NHKの「あいお姉さん」・笹峯愛が、岡田斗司夫氏の愛人騒動にコメント
「仮面女子」が性接待を暴露→「めざましテレビ」の出演が変更に
T.M.Revolutionの西川貴教が「2014 FNS歌謡祭」で歌詞の一部を変えて熱唱