左より、ツァオ・ヨウニン、チェン・ジンホン 撮影:熊谷仁男

写真拡大

昨年2014年に台湾で空前の大ヒットを記録し、台湾映画史上初のアンコール上映を開催、日本の甲子園にも台湾人観光客が急増するなど社会現象を起こした映画『KANO〜1931 海の向こうの甲子園〜』が、ついに1月24日より日本公開! 

【写真37枚】ツァオ・ヨウニン&チェン・ジンホン『KANO』ギャラリー

1931年の日本統治時代の台湾から夏の甲子園に出場し、決勝まで勝ち進み人々を熱狂させた嘉義農林学校野球部<KANO>の感動の実話を描いたエンタテインメント作品です。

劇中で嘉義ナインを演じたのは全員5年以上の野球経験がある、演技未経験の青年たち。日本統治下の台湾という時代設定のもと、セリフも8割は日本語であることに驚かされます。

今や台湾の国民的スターとなった嘉義ナインのエースピッチャー:呉明捷(ご・めいしょう)役のツァオ・ヨウニンさんと、強打者:蘇正生(そ・しょうせい)役のチェン・ジンホンさんのインタビューをお届け。

2人は台湾の大学野球で活躍している野球選手でもあります。スタイルも抜群で笑顔が素敵な好青年の2人に、映画のことからプライベートなことまで、話を聞いてきました!

――映画では日本語のセリフが多くありましたが、どう勉強されましたか?

ヨウニン:トレーニングがあって、50音あいうえおから勉強しました。暗記もあったし、テストもあって。それから日常会話も勉強しました。

――好きなシーンは?

ジンホン:練習試合で、大雨が降るシーンが印象に残っています。

■撮影の苦労、日本の印象は?

――雨の中で走り回る撮影は大変ではなかったですか?

ジンホン:雨の中の撮影はとても大変でした。ちょうど一番寒い時期で、寒波がきていてすごく気温が下がっていたんです。その中で雨が降って、泥まみれの中で走ったりしなければならないので、カットがかかるとストーブに駆け寄って温まったりして撮っていました。一日中だったので、つらかったですね。

ヨウニン:僕はやはり最後の甲子園の試合のシーンがとても好きです。ライナーを打ってそれが取られてしまうのですが、それでもホームベースに突進していく……取られてしまった悔しさもあるのですが、「これで終わったんだ」というホッとしたような感じがある場面でした。

――演じられていて、ホッとしたような感じもあったのですね。

ヨウニン:一生懸命頑張って台湾の中で優勝し、台湾から甲子園に出場できたという事自体が思いもよらないことだったわけですが、甲子園に出場して決勝まで進んで、台湾チームにも大きな声援が贈ってもらえて。

準優勝できたのですが、最後のそのシーンというのは、大きな点差がついて勝敗は明らかなんです。それでも最後まで必死に勝負を諦めずに向かっていった、そして最後取られたけれど「ああ、これで終わったんだな」という重荷を下ろした感じはありました。

――日本の野球漫画はたくさんありますが読まれたりしますか?

ヨウニン:アニメにもなった『MAJOR(メジャー)』は好きです。台湾では人気でみんな見ていますよ。

ジンホン:野茂選手がモデルのキャラもいますしね。野球をやっている人も見ますよ。

――日本に数日滞在されますが、日本で行きたいところはありますか?

ヨウニン:スキーをしたいですね。台湾は平地は雪が降らないんです。高い山に行かないと雪が見られないので。あとショッピングをしたいです。日本人ってすごくファッションにこだわっているので、街中のオシャレな人たちも見たいです。

日本人はみんな自分に似合う個性的な素敵なファッションを身につけているので、どうやって組み合わせたりしているのかな?と見ているのが楽しそうなので、歩いて見てみたいですね。

ジンホン:富士山とか日本にしかない観光地に行ってみたいです。

■好きな女性のタイプは、正反対!?

――映画は熱い高校野球の物語ですが、2人が野球以外で熱くなれることを教えて下さい。

ヨウニン:『KANO』に出演出来たことで演技に興味がでてきたので、野球以外だと今は演技に熱くなれるかな。

ジンホン:いろいろなところに行って、いろいろなものを見てみたい。旅ですね。まだ台湾の中もあまり回れていないので、まずは台湾のいろいろなところを観に行きたいです。

――好きな女性のタイプを聞かせてください!

ヨウニン:しとやかで優雅で内面の芯がしっかりしている人。一緒にいて安心できる、やすらかな時間が過ごせる人ですね。僕の感覚では、日本の女性はそういう雰囲気を持っていると思います。

ジンホン:スポーツの好きな人です。僕自身、いろんなスポーツに興味があって、一緒に体験できる活発な人がいいです。たとえば一緒に走ったり。僕は時間があるとちょっとでも体を動かしたくなるタイプなので、体を動かすのが好きな人がいいですね。

――2人とも、タイプが全然違いますね! では、どんなデートが好きですか?

ヨウニン:いつも割りと忙しいので、散歩したり夜景を観に行ったり、映画を観たり、ゆったりと過ごすデートがいいです。

ジンホン:デートも一緒にスポーツをやったり、体を動かすデートができると楽しいですね。

――今後の活動や目指すものを教えて下さい。

ヨウニン:少し前に大学野球の試合があったのでそちらに集中していたのですが、最近は芸能活動も多くなってきました。イベント等に参加することも増えてきています。
日本の芸能界でもチャンスがあればやっていきたいですが、まだ日本語がきちんと話せないので、もし日本でやるなら、まずは言葉をしっかり覚えないといけないと思っています。

ジンホン:今、嘉義大学で野球をやっていますが、卒業してからも野球を続けるかは、その時の環境をみて決めたいと思っています。芸能活動はもしチャンスがあれば考えます。

――ありがとうございました!

話を伺ってみると、好きなことなどタイプの異なる2人。でも“熱くなれること”の質問には、最初に「野球以外にか〜」と少し考えこむなど、真剣に野球に向き合っているところは一緒のようです。

ピュアな雰囲気がとっても印象的だった台湾の国民的スター。野球も芸能活動も、今後の活躍が楽しみ!

『KANO〜1931海の向こうの甲子園〜』
2015年1月24日(土) 新宿バルト9ほか全国公開
出演:永瀬正敏、坂井真紀、ツァオ・ヨウニン/大沢たかお
配給:ショウゲート
©果子電影