「漁船の違法操業」を衛星でリアルタイム追跡するサーヴィス

写真拡大

英国の非営利研究機関「サテライト・アプリケーションズ・カタパルト」が、漁船の違法操業を監視する衛星追跡システムを発表した。英領内の違法操業の取り締まりだけでなく、イースター諸島やパラオ近海の海洋保護にも役立てられる。

「「漁船の違法操業」を衛星でリアルタイム追跡するサーヴィス」の写真・リンク付きの記事はこちら

違法な漁業は世界各地で問題となっており、その被害は大きい。違法な漁獲高は年間235億ドルとも言われ、養殖魚を除いた漁獲高全体の5分の1に相当するほどだ。

英国の非営利研究機関「サテライト・アプリケーションズ・カタパルト」は、漁船の違法操業の取り締まりを目的とした衛星追跡システムを発表した。

「海上の目」プロジェクト(Project Eyes on the Seas)と名付けられたこのプロジェクトは、規制当局が「ヴァーチャル監視室」から違法な漁業活動をリアルタイムでモニタリングし、発見し次第、適切に対処できるようにするものだ。

このシステムでは、複数の衛星から送られてくるリアルタイムの追跡データと、船の所有者、履歴、登録国についての情報を照合しながら、ある船の動きに違法操業の疑いがあるかどうかを分析する。これは、衛星によって収集された4つのデータセットを相互に参照しながら行われる。位置情報を発信していない不審な船が見つかった場合には、システムが自動的に警報を発する。

警報が出ると、訓練を受けた分析担当者が対象の船をさらに詳しく調べて、必要があればただちに政府と現地の警察などの機関に連絡する。こうして違法操業への迅速な対応が可能になるのだ。

同サーヴィスは、第1段階として、英国の海外領のほか、チリ沖合のイースター諸島と、西太平洋のパラオ近海の監視に導入される。このプロジェクトには米国の「ピュー慈善財団」が協力しており、英領内の違法操業の取り締まりだけでなく、イースター諸島とパラオ近海の自然を守り、海洋保護区とするための同財団の活動にも役立てられるからだ。将来的には、このサーヴィスを利用する国や地域をさらに拡大していきたいという。

TAG

FishingSatelliteImageryVideoWiredUK