立ち上がりでの失点を悔やむ乾貴士「入りはホントによくなかった」

写真拡大

 アジアカップ準々決勝が23日に行われ、日本代表はUAE代表と対戦した。立ち上がりの7分に先制を許した日本代表は、81分に途中出場のMF柴崎岳が同点ゴールをマーク。勝ち越せずに延長戦に突入すると、1−1のまま120分を終え、PK戦で4−5と敗れた。

 試合後、「チーム全体を通して、入りはホントによくなかった」と振り返ったFW乾貴士は、「そういう時間帯を作ってはいけないと思うし、それがこういう敗戦につながってる部分でもあるので」と語り、立ち上がりにチームが試合に入れていない時間帯での失点を悔やんだ。

 また、中2日の影響が出たかとの問いには、「そんなの関係ないと思いますし、それを言い訳にはできないと思います」とはっきり返答。そして、「またビデオで見てしっかり反省しないといけないと思います」と同試合の反省を詳しくしていくと明かしている。