痛恨の今大会初失点…麻也「失点は僕のミス」

写真拡大

[1.23 アジア杯準々決勝 日本1-1(PK4-5)UAE シドニー]

 立ち上がりの失点を悔やんだ。前半3分、FWアリ・マブフートに最終ラインの背後を突かれ、ピンチを招くと、同7分にも1本のロングフィードでまたもマブフートに裏を取られ、先制点を決められた。ダイアゴナルな動きでDF吉田麻也とDF森重真人の間のスペースを突いたマブフート。吉田は「失点に関しては僕のミス」と率直に認めた。

「ゲームに入り切れなかったと思う」と立ち上がりを振り返った吉田は「DFラインの距離感もよくなかったし、1失点目は僕がもっとモリゲ(森重)の方に近づいておくべきだった」と反省し、森重も「自分と(吉田)麻也の距離が空いてしまった」と、CBの連係ミスを悔やんだ。

 グループリーグ3試合を無失点で終え、守備には手応えを感じていた。だからこそ、悔やまれる立ち上がりのプレー。吉田は「いくらグループリーグで無失点を続けていても、あの1点で敗れてしまっては何の意味もない」と唇をかみ、責任は自分にあると自らを責めた。

「あの1点でDFラインの評価がガラッと変わるというのは、DFとしてはアンフェアだと思う部分もあるけど、それが自分の仕事だし、そのミスに関しては全責任を負わないといけないので、言い訳するつもりはない」

 4試合で1失点。しかし、チームの結果は5大会ぶりのベスト8敗退。早すぎる終焉に「まさかここで負けるとは思っていなかったので、今もまだちょっと信じられない」と、なかなか現実を受け入れられない様子だった。

(取材・文 西山紘平)