チームの未熟さを感じた本田「強い精神力を持ち合わせていなかった」

写真拡大

 アジアカップ準々決勝が23日に行われ、日本代表はUAE代表と対戦した。立ち上がりの7分に先制を許した日本代表は、81分に途中出場の柴崎岳が同点ゴールをマーク。勝ち越せずに延長戦に突入すると、1−1のまま120分を終え、PK戦で4−5と敗れた。

 試合後、ミランに所属するFW本田圭佑が記者団の取材に応えている。

 中2日と厳しい日程の中、立ち上がりは足が重く、一瞬の隙を突かれてしまった。コンディションについて問われると「僕らが敗者であることは間違いないですから」と、言い訳は出来ないと一言。続けて「あの早い段階で失点するということは、強いチームでもあること」と、先制されたことに関しては大きな問題ではなかったと主張した。

 課題となったのはやはり決定力不足。シュート数では35対3と内容では圧倒し、「勝負を決する場面はいくつかあったわけで。それが出来ずにPKまでいって負けてしまったというのは、自分たちに責任がある」と、120分で勝負を決めきれなかったことを嘆いている。

 今大会は前回王者として大きなプレッシャーの中戦ってきた。ブラジル・ワールドカップ後にも精神力の弱さを指摘していた本田だが「こういう勝たなければいけないというプレッシャーの中で勝てないというのは、そういう精神力を持ち合わせていなかったというふうに感じています」と、またしてもプレッシャーに打ち勝てなかったチームの未熟さを、一番の改善点に挙げた。

 前回大会のチームと比べて何が足りなかったかを問われると「クオリティ、チームの完成度という点、サッカーの戦い方、技術においては、絶対に今回のほうが高かった」と、今回のチームが決して劣っているわけではないと訴えたが、「だから本当にそれと勝負を制するということはまた別だということを今回痛感させられたということです」と、改めて技術、戦術以外の部分の重要性を痛感させられた様子。

 個人の課題としても挙げてきた決定力については「所属チームに戻っても(課題改善に取り組む気持ちを)持ち続けたいなと思います。その先に何があるのかとか、色々なことを考えていますけど、結果にこだわってやっていきたいなと思います」と、もう一度立ち直るためにもクラブで結果を残していくことを誓った。