ノーゴールにPK失敗…自分自身を責める香川真司「全て申し訳ない」

写真拡大

 アジアカップ準々決勝が23日に行われ、日本代表はUAE代表と対戦した。立ち上がりの7分に先制を許した日本代表は、81分に途中出場のMF柴崎岳が同点ゴールをマーク。勝ち越せずに延長戦に突入すると、1−1のまま120分を終え、PK戦で4−5と敗れた。

 PKを外してしまったMF香川真司は試合後に、言葉に詰まりながらも「結局負けたので、点が取れなかったですし、すごく責任を感じますし、申し訳ないです」とコメント。「すごく悔しいですし、自分が決めてれば勝てたシーンもありましたし、全て申し訳ないですね」と悔しさを明かし、繰り返し自分自身を責めた。

 試合の立ち上がりに失点したことについては「みんな冷静にやれてましたし、チャンスもあった」として、「しっかり決めきれば、逆転できる自信もありました」と明かすが、「でも1点だけじゃ勝てなかったんで、やっぱり決めないといけない」とゴールを奪えなかったことを改めて悔やんだ。

 20日に行われたグループリーグ最終節のヨルダン戦では、代表9試合ぶりにゴールを決めていた香川。そのため今試合でも、「決める自信はありました」とゴールを狙っていたことを明かすが、ノーゴールに終わり、「決めなかったっていう事実だけなんで、それは受け止めてやるしかないです。それだけだと思います」と、悔しさを繋げていくことを誓った。