『TOmagazine 墨田区特集号』

写真拡大

2013年2月に「ハイパーローカルなシティカルチャーガイド」として刊行を続ける『TO magazine』の墨田区特集号が1月22日(木)に発売された。東東京エリアの特集は『TOmagazine』史上初となる。

『TOmagazine』とは?



『TOmagazine』は東京23区にスポットを当てて特集が組まれ、その土地のカルチャーを紹介する雑誌。"まだ見ぬ東京と出会うための手引き"として、リトルマガジンという有志による少部数発行の形式から人気に火がつき、現在は双葉社から刊行されている。

創刊号の足立区特集、2号目の目黒区、3号目での中野区、4号目での品川区特集を経て、墨田区特集で5号目となる。

前号の品川特集より季刊化しており、年4回の発行となっている。

表紙にはあの有名力士が!



毎号、その土地にゆかりのある著名人が表紙に起用されているが、今回の墨田区特集号のカバーは、力士の白鵬翔さん。

巻頭インタビューも掲載され、現在、昭和の大横綱・大鵬関と並ぶ32回の幕内優勝を誇り、開催中の一月場所の行方が大きく注目される中、墨田区内の稽古場で取材・撮影が敢行されたという。

また「踊れ!墨田区」と題し、錦糸町河内音頭も特集されている。高速道路の高架下で開催される真夏の盆踊りは、年を追うごとに口コミで参加者を増やし続けており、都心で体験できる非日常は「下町のレイヴ」と称されるほど。大阪の盆踊りがなぜ墨田区で根付いたのか、その歴史から現在の楽しみ方までを紐解く。著名人による体験記や、ダンスガイドも収録されているという。

そのほか、多国籍なディープカルチャーが根付く街・錦糸町の全貌に迫ったり、「モノづくりの街」である墨田区のプロダクトカタログなど、昨今注目が集まる東東京の魅力に溢れる一冊に仕上がっている。