写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)で22日、日本が誇るエンターテインメントブランドの世界観を再現する新イベント「ユニバーサル・クールジャパン」(1月23日〜5月10日)のプレスプレビューが行われ、『進撃の巨人』をテーマにした「進撃の巨人・ザ・リアル」がお披露目された。

当日はあいにくの悪天候にも関わらず、屋外に出現した世界初となる15m級"等身大"エレン巨人と14m級"等身大"女型巨人にゲストは大興奮。自分の約10倍近くもある2体の巨人をバックに、記念撮影する人が多く見られた。その隣には、"捕食される恐怖"を体験しながら写真撮影ができる捕食巨人のフォトオポチュニティも登場し、順番待ちの行列ができていた。

屋内には「女型の巨人 捕獲作戦〜ウォークスルー・アトラクション〜」が登場。各エリアの大スクリーンに名場面が映し出され、アルミンの誘導のもと、調査兵団の一員になって女型の巨人の捕獲作戦に参加している感覚が味わえる。最先端の人類再生技術により生み出された人型・クロノイドも初披露され、本物の人間のようなリアルなリヴァイ、ミカサ、アルミンに出会える。

また、フードカートでは、調査兵団の壁外調査を支える「調査兵団の遠征飯」(兵士長用1100円/一般兵士用850円)、遠征の疲れを癒やす「商会の紅茶」(550円)といった、調査兵団の一員になった気分になれるフードが登場。「調査兵団マント」(4,500円)、「地下室の鍵ペンダント」(1,500円)などのパークオリジナルグッズも販売する。

「ユニバーサル・クールジャパン」は、『エヴァンゲリオン』『進撃の巨人』『バイオハザード』『モンスターハンター』の4ブランドの世界観を、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアイデアや技術を駆使して再現し、世界にその魅力を発信する新イベント。それぞれのブランドをテーマにしたアトラクションで、"世界初"が体験できる。

(C) 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会