<東レテニス>シャラポワ、浅越らが準々決勝

写真拡大

◇東レ・パンパシフィックオープン◇東京体育館

シャラポワ人気で連日会場は大入り。
絶頂期のヒンギス来日に勝る勢いで盛り上がる東レ・パンパシフィックオープン。大会4日目の4日は、シングルス準々決勝が行われる。
シャラポワ(WTAランキング4位)はベネズエラのマリア・ベント・カブチ(ランキング50位)と対戦。昨年AIGオープンで来日した際は、試合を追うごとにキレを増していったシャラポワ。フルスロットルになった彼女を止めるのは至難の業だ。

注目すべきは浅越しのぶ(ランキング32位)。
昨シーズンから調子を上げており、現在自己最高ランキングを更新中。
対するエレナ・ディメンティエワ(ランキング7位)はグランドスラム準優勝2回の実績を持つ格上の選手。しかし好調時の浅越も全米オープンでベスト8入りするなど、勢いがある。
ディメンティエワを下せばランキングの更新は間違いない為、大いに期待したい。

◇準々決勝カード
ダベンポート(アメリカ) vs ベネソバ(チェコ)
クズネツォワ(ロシア) vs ハンチュコワ(スロバキア)
浅越しのぶ(日本) vs ディメンティエワ(ロシア)
リホフツェワ(ロシア) vs シャラポワ(ロシア)