アギーレ監督、準々決勝で敗退するも「チームに誇りを感じている」

写真拡大

 AFCアジアカップ オーストラリア2015の準々決勝が23日に行われ、日本代表はUAE代表と対戦した。前半の立ち上がりに失点を許した日本は、81分にMF柴崎岳が同点ゴールを決めるも、その後は延長戦でも決着がつかず、PK戦の末に敗戦。1996年の第11回大会以来、5大会ぶりに準々決勝で敗退となった。

 ハビエル・アギーレ監督は試合後、「結果は良くないですね。PK戦になると何が起こるかわかりません」とPK戦での敗戦に悔しさを見せた。そして、「立ち上がりの10分間はあまり良くなかった」とするが、「失点をひっくり返すために、その後は良いプレーが出来ていたと思う」と試合を振り返った。

 UAEが先制点を奪った後からはより守備的になったことについてアギーレ監督は、「攻め込んでも勝てない、そういうことが起きるのがサッカーです」とコメント。途中出場のFW武藤嘉紀、MF柴崎岳、FW豊田陽平をについては「しっかり頑張ってくれたと思いますので、特に彼らのパフォーマンスについて何もいうことはありません」と語った。

 そして、選手たちにどんな言葉を掛けるかと問われ、「称えるだけです」と率直に答えたアギーレ監督は、「素晴らしい努力を見してくれました。PK戦は運も絡んでいますけど、私はこのチームに対し誇りを感じています」とコメントしている。