クレジットカードのポイントを多く貯めるためにやっていることがある。それはネットショッピングする時に、クレジットカード会社が運営するポイント優待サイトを経由すること。Amazonで買い物したいのだけど、一旦、クレジットカード会社のポイント優待サイトにログインし、そのページのリンクからAmazonのサイトに向かうのだ。

 正直、やや面倒だが、このひと手間をするだけでポイントが2倍に! 中にはポイントアップキャンペーン中のショップがあり、ポイントが20倍になったりすることもある。

 ポイント優待サイトはどのクレジットカード会社でも用意されていて、三井住友カードの場合は「ポイントUPモール」、JCBカードは「Oki Dokiランド」、ジャックスカードは「JACCS★モール」という名称。いずれもAmazonYahoo!ショッピング、楽天市場といった定番ショップは入っていて、ビックカメラやApple Store、ソフマップ・ドットコムなど家電・パソコン系から、旅行、ファッション、グルメなどなど、実に多彩なネットショップが用意されている。だからまず自分が使っているクレジットカード会社のポイント優待サイトを見て、利用したいネットショップが入っていないか確認することを習慣にしたい。

006rensai-01006rensai-02
三井住友カード「ポイントUPモール」(左)、JCBカード「Oki Dokiランド」(右)

006rensai-03
ジャックスカード「JACCS★モール」

 ではなぜポイントがたくさんもらえるのだろう? それはこのポイント優待サイトがアフェリエイトサイトになっていて、買い物した金額に対する報酬をクレジットカード会社が得ているから。つまりいつものネットショップにアクセスする方法をちょっと遠回りするだけで、クレジットカード会社も自分も得できるという嬉しい仕組みなのだ。

 そしてリアルなショップで買い物する時に使っているのが、三井住友カードの「お店でショッピング」というサービス。私はよく新宿タカシマヤを利用するのだが、買い物に行く前に「お店でショッピング」の「ココ行こ♪」ボタンをクリックしてエントリーしておく。そして7日間の有効期限内にお店に行ってクレジットカードで支払うと、ポイントがなんと3倍に!

006rensai-04
三井住友カード「お店でショッピング」

 ポイントアップの対象となる店舗は阪急メンズ東京、大丸、松坂屋といった百貨店のほか、三井アウトレットパークや東急ハンズ、紳士服はるやま、コナカ、スポーツショップのヴィクトリアなど様々。中にはポイントが10倍になるお店もあるので、三井住友カードの人なら、普段、よく利用するお店が「お店でショッピング」の中にあるかどうか確認して、買い物の前にはしっかりエントリーしておきたい。

 このようなサービスはCLO(Card Linked Offer)といって、クレジットカード会社が加盟店にカード会員を誘導するために行なっている。2008年にアメリカで始まり、日本ではクレディセゾンが先行して「セゾンCLO」というサービスを開始した。このCLOの魅力はクーポン情報をクレジットカードに登録することで、店舗でクーポンを出すことなく、ポイントが多くもらえるところ。カードを普通に利用するだけなので見た目にセコくなく、とはいえポイントは多く獲得できているところが実にスマートだ。

 このCLOの進化系のサービスが、セディナの「セディナキャッシュバッククーポン」やジェーシービーの「イマレコ!IMA-RECOMMEND!)」だ。いずれもスマートフォンのアプリを利用することで、会員の属性やカード利用履歴、現在の位置情報などに合わせて、加盟店のクーポンを会員のスマートフォンに配信する。例えば銀座でショッピングしていたら、その付近のショップやレストランなどからクーポンが届き、エントリーしておくと、その店でクーポンの内容に応じたキャッシュバックが得られるという仕組み。

 2015331日まで新宿駅周辺で実証実験を行なっているジェーシービーの「イマレコ!」の場合、事前に登録した趣味・嗜好などの情報や現在の位置情報に加えて、カード利用時の情報も加味して、今、まさに便利なクーポン情報が届く。例えば居酒屋でカード決済した後に、近くの薬局で「栄養ドリンク」がもらえるクーポンが、スマートフォンにプッシュ通知されるイメージだ。

006rensai-06006rensai-07
セディナ「セディナキャッシュバッククーポン」(左)、ジェーシービー「イマレコ!」(右)

 こういったクーポンサービスの場合、事前にどの店で使えるのか調べたり、覚えておく必要があるが、位置情報を反映したスマートフォンへの通知なら、すぐに利用できるクーポンをその場で得られるところが便利。ただお得だからとついついカードを利用してしまうことには注意したい。

文/綿谷禎子