「驚きの"ナノ洗い"実験教室」の様子

写真拡大

ライオンは、食器洗いの楽しさや、ナノレベルで油汚れが分解されるメカニズムを子供たちに伝える全国出張授業「驚きの"ナノ洗い"実験教室」を2015年1月15日に開催した。

ナノの力で油を落とす「ナノ洗い」の実験

東京都北区立西ケ原小学校6年生33人を対象に、主夫芸人、家政アドバイザーとして活躍する中村シュフさんを特別講師に迎えた特別授業を実施。生徒たちは食器洗いの重要性、両親が普段こなしている家事の苦労に対する理解を深めた。また、授業では食器洗いに興味を持ってもらうために、ナノの力で油を落とす「ナノ洗い」の実験を行った。

中村さんは、「食器洗い6年分を重ねたお皿の高さは(東京)スカイツリーを超える」など、子供にも分かりやすい説明で家事の大変さを示した。「ナノ洗い」の実験では、ライオンの最新の台所用洗剤「Magica (マジカ)」を使い、マジカと従来の食器用洗剤が入った2種類のコップを用意し、着色した油を塗った板を入れるとどうなるかを比べた。従来品のコップは大粒の油がゆっくりとはがれていったのに対し、マジカが入ったコップは、油汚れが小さな粒になってどんどんはがれ落ちた。子供たちは「すごい!」「一瞬で溶けた!」とその洗浄力に興味津々。授業の後は給食を食べ、使った食器は子供たちが自らマジカを使って洗った。子供たちは実際に自分で使ってみることで、しつこい油汚れを水のように落とすマジカの高い洗浄力を改めて実感。特別授業後の感想の中には、「今まで面倒だと思っていた食器洗いに興味を持った」など、食器洗いに対する前向きな意見が寄せられていた。

ライオンでは、今後もこうした出張授業を継続して開催していく予定だ