写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)で22日、日本が誇るエンターテインメントブランドの世界観を再現する新イベント「ユニバーサル・クールジャパン」(1月23日〜5月10日)のプレスプレビューが行われ、『エヴァンゲリオン』史上初の4Dアトラクション「エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D」がお披露目された。

劇場版プロデューサーの大月俊倫氏も「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンだけのオリジナル(ストーリー)」と自信を語った「エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D」。会場となる「ユニバーサル・スタジオ・シネマ 4-D」には、同アトラクションのメインビジュアルが掲げられ、シネマ前のポップコーンカートも初号機や零号機がデザインされるなど、入る前から気分が高まる。

中ではまず、"E-302地下避難所"という部屋でプレショーが行われる。スクリーンに映し出された碇シンジ、綾波レイ、式波アスカラングレーら主要キャラクターと、歴代エヴァンゲリオンが出迎えてくれ、プレショーでは、ゼーレとゲンドウの会議シーンなどが展開される。

その後、いよいよメインショーへ。ゲストは輸送機に乗り込み、エヴァンゲリオンと使徒の戦いに遭遇するというもので、さまざまなアングルから闘いを目撃し、本当にその現場にいるような臨場感が味わえる。4D演出により、飛んでいる感覚はもちろん、爆風や閃光、水しぶき、振動などで、激闘をリアルに感じることができる。

エンディングには、劇場版と同じく、宇多田ヒカルの「Beautiful World」が流れ、余韻に浸りながら外へ。併設のグッズショップでは、オリジナルグッズを購入でき、登場キャラクターになりきった自分の3-Dフィギュアを作れる撮影スタジオもある。

また、使徒がフードメニューとなって登場し、フードカートでは、エヴァンゲリオン初号機が使徒と対峠したシーンを再現した「A.T.フィールド破 使徒まん〜カレー〜」(550円)を販売。「ビバリーヒルズ・ブランジェリー」では、「コア・デザート in 使徒ボウル」と「使徒殲滅ドリンク〜ロンギヌスの槍突き〜」が味わえる。

「ユニバーサル・クールジャパン」は、『エヴァンゲリオン』『進撃の巨人』『バイオハザード』『モンスターハンター』の4ブランドの世界観を、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアイデアや技術を駆使して再現し、世界にその魅力を発信する新イベント。それぞれのブランドをテーマにしたアトラクションで、"世界初"が体験できる。

(C)カラー